家の中と同じように、車の中にも臭いは染み付きます。特に、食べこぼしをする年齢の子供やペットがいる場合は車内が汚れやすいですよね。変な臭いがこもるとドライブ中に気分が悪くなってしまうこともあるので、早めに対策をしたいところですが、どのようにすれば車内の空気を爽やかなものに変えることができるのでしょうか?

エアコンの臭い

車のエアコンって、久しぶりにつけるとモワッとした嫌な臭いがしませんか? これは、エアコンの中にカビや雑菌が繁殖しているからです。つまり、あの臭いがしている時は温風や冷風と一緒にこれらの有害物質が車内中にまき散らされているということです。想像しただけでぞっとしますよね。
こんな時は、部品の交換をしましょう。家庭で使うエアコンと同じで、車のエアコンにもフィルターが付いています。新車を購入しても、1年も使えばフィルターはほこりや雑菌・カビなどでいっぱいになるので、臭いが気になり始めたら新しいものと交換してください。
もし、フィルターが付いていない車に乗っている場合は、エバポレーター(空気を冷やすための装置)の洗浄が必要となります。ただし、素人が行うには少々難しい作業なので、できればプロにお任せしたほうが良いでしょう。

パーツごとの対処法

車の中は、マット類やカーシートなど、実にたくさんのパーツによって構成されています。臭いが染み付いてしまったら、これら全てをきれいにしなくては解決しません。特に臭いを吸着しやすい布類は要注意! それぞれのパーツごとに、対処法をご説明します。

座席のシート
表面積が大きく、汗や体臭、食べ物の臭いなどが染み付きやすいシートは、最も臭いやすいパーツです。本当は分解して丸洗いしたいところですがそんなわけにもいかないので、まずは掃除機で表面の汚れを取りましょう。
次に、臭いを吸着する作用のある重曹を全体に振りかけます。しばらく時間をおいてから再び掃除機で吸い取ると、嫌な臭いもスッキリ取れますよ。布製のシートの場合は、消臭スプレーなどをかけるのも効果的です。

フロアマット
「土足厳禁」にしているならともかく、フロアマットも汚れやすいパーツです。ゴム製のものなら水洗いすればきれいに汚れが落ちますが、毛足の長いものだとそうはいきませんよね。
まず、布団叩きを使って表面に付いた汚れをはたき落としましょう。次に、掃除機で隅々まで丁寧に汚れを吸い取り、最後に水洗いします。使う洗剤は洗濯用のもので十分! たわしでゴシゴシとこすり、洗剤がマットに残らないようきちんと洗い流したら完了です。日陰でしっかりと乾かしてから車に乗せましょう。

カーテン
車外からの目隠しや日差しを避けるためにカーテンをつけている場合も、布製品なのでやはり臭います。こまめに消臭スプレーを吹きかけたり、時々洗濯したりして臭いを取りましょう。

身近にある意外なもので臭い取り

車内の臭いを取るというとまず専用の芳香剤をイメージしますが、わざわざ買わなくても家庭にあるものでも対策できますよ。いくつかご紹介するので、是非試してみてくださいね。

■備長炭
■コーヒーのかす・お茶がら
■重曹
備長炭には、臭いを吸着する力があります。小さなかごに入れてダッシュボードに置くなどインテリアとしても使えて便利。
コーヒーのかすとお茶がらにも備長炭と同様の効果があります。使い終わったらよく乾燥させ、布で作った袋などに入れて車内に吊るしましょう。
重曹は、そのままパラパラと振りかけて掃除機で吸い取っても効果がありますし、容器に入れて置いておくだけでも消臭効果を発揮します。

まとめて対処しようとしないで!

車の臭い対策のポイントは、車の中に配置されたパーツごとに対処すること。車の臭いを一括で対処しようとすることは、非常に難しいのです。芳香剤等で臭いの上塗りをするにも限度があるので、それぞれの臭いのもとから消臭対策が必要です。各パーツに合った掃除をして、快適なドライブにしましょう。