20代の若いころは全然臭わなかったのに、30代、40代を過ぎてからなんだか体臭がするようになってしまった。このように悩んでいる人はたくさんいます。きつい加齢臭で周囲の人に迷惑をかけてしまうでは、と心配していると、人間関係に影響の出るおそれもあるので、早めに対処しましょう。

加齢臭の原因・ノネナールってなに?

人間の体には、皮膚のうるおいを守るための皮脂腺があります。乾燥を防ぐためには必要なものなのですが、年齢を重ねるとこの皮脂腺の中に存在するパルミトオレイン酸が増加してしまうのが問題です。パルミトオレイン酸は、同時に増える過酸化脂質と結びついて分解・酸化することにより、加齢臭の原因「ノネナール」を作り出してしまうのです。
ちなみに「ノネナール」という名前は、この成分を発見した某有名化粧品メーカーによって名付けられました。

ノネナールが分泌されやすい条件とは

同じ40代でも、加齢臭のきつい人と逆にまったく臭くならない人に分かれるのはなぜでしょうか? それは、生活習慣がちがうからなのです。
本来、汗というのは無臭なのですが、肌表面に細菌が多くいるとそれが汗やほこりなどを食べて分解し、耐えがたい悪臭を発生させます。つまり、あまり風呂に入らず、汗をかいてもこまめにケアしない人は、肌に細菌が付いて臭くなりやすいということなのです。
そして、人間の体がいちばん臭いやすいのは朝。寝ている間にたくさんの汗をかいているので、起きたばかりのときは加齢臭も発生しやすくなります。気になるときは、朝出かける前にシャワーを浴びると良いでしょう。

今すぐできる加齢臭対策

加齢臭は、放っておいてもなくなりません。まず、体が臭くなる原因を突き止めて、それを改善するようにしましょう。
毎日入浴することは基本中の基本ですが、その際にミョウバン水を浴槽のお湯に入れたり、10倍に薄めて体に吹き付けたりするとより効果的です。

ミョウバン水の作り方

水道水1,500CCを入れた容器の中に焼きミョウバン50gを加え、よく振ります。この時点ではまだ完全に溶けないので、そのまま1晩おいておきましょう。使うときは、さらに水で10倍に薄めてください。

ミョウバン水は酸性なので、アルカリ性である汗のにおいと中和して化学反応を起こし、においを消す力があります。また、細菌の繁殖も抑制してくれるので、汗をかく前にミョウバン水をスプレーしておけば加齢臭の発生をある程度防止することができます。

ノネナールを増加させてしまう活性酸素

こまめに入浴しても臭うときは、他のところに原因があるのかもしれません。ノネナールを作り出す元になる過酸化脂質は、活性酸素によっても増加します。

活性酸素の発生の原因は

  • 激しすぎる運動
  • 紫外線
  • ストレス
  • 喫煙

などですが、この中に思い当たることがあれば、まずそこから改善していきましょう。
活性酸素の働きを抑制する、ポリフェノールなどの抗酸化作用を持つ成分を含んだものを中心に、栄養バランスのとれた食生活を送ることも大切です。

また、加齢臭の原因になるベタベタ汗をサラサラ汗に変えるため、半身浴をすると効果的です。大量に汗をかくことによって汗腺の機能が高まり、質の良い汗をかくことができるようになるからです。

ノネナールの分泌を抑制して、臭わない体へ

よく汗をかく人でも、それが質の良いサラサラ汗なら臭いません。日頃からこまめにケアしていくことでだんだん体質は変わるので、まずは毎日の入浴とミョウバン水、栄養バランスのとれた食生活から始めましょう。ストレスをためないために、規則正しい生活を送ることも大切です。