よく、ドラマや映画などで、男性がすれ違った女性のにおいを嗅いで思わず振り返るというシーンがありますが、あれは決して過剰な演出ではなく、実際に女性の“いいにおい”に惹かれる男性は多いそうです。
また、人間にはある特定のにおいを嗅ぐと記憶がよみがえる機能が備わっており、これは記憶力や恋愛と密接な関係があります。香りと記憶のメカニズムを知って、仕事や勉強、恋愛に活かして行きましょう。

プルースト効果

「プルースト効果」とは、ある特定のにおいを嗅ぐことによって、それに関連した過去の出来事を思い出すという心理現象のことです。フランスの小説家であるマルセル・プルーストの作品「失われた時を求めて」のなかにそのようなシーンがあることから、この名前が付けられました。
プルースト効果についてはこれまで数々の実験が行われてきましたが、たとえばあるテレビ番組が小学生を対象に実施した実験では、香りつきの消しゴムのにおいを嗅ぎながら漢字を覚えた場合と、何のにおいも嗅がずに覚えた場合とでは、明らかににおいを嗅ぎながら覚えた方が覚えが良かったということです。
このことからも分かるように、人間の記憶力は香りと密接に結びついているのです。

恋愛とプルースト効果
香りを嗅ぎながらなにかを覚えるのが効果的なことは分かりましたが、それでは、これをうまく恋愛に活用するにはどうすれば良いのでしょうか?

<好きな人に会うときは、必ず同じ香水をつける>
これは、自分のことをその香りとともに相手に強く印象付けるためです。会うたびに特定の香りを漂わせていれば、そのうちに「いつも○○みたいな香りのする人」というイメージが固定され、自分の存在を覚えてもらえる可能性が高くなります。
できれば、自分に合ったイメージの香水で、あまりほかの人がつけていないものを選ぶと良いでしょう。
また、いつも香水の良い香りをさせておくことで、「清潔な人」「身だしなみに気を使っている人」という良い印象を持ってもらうことができます。

<かすかに香る程度に抑える>
いくら良いにおいといっても、香水のつけすぎはNG。男性は強いにおいが苦手なので、好印象を与えるどころか「くさい女」というイメージを持たれてしまいます。こうなると、最初の悪い印象を覆して恋愛対象として見てもらうのは難しくなるでしょう。
香水をつけるときは、手首の裏や首すじなど、体温が上がりやすい場所にほんの少しつける程度が最適。空中にスプレーしてその下をくぐる方法もおすすめです。

男性の好きな香りBEST3とは?
意中の男性に良い印象を与えるためには、香り選びも重要です。香水ならどんな香りでも良いというわけではないので、人気のある定番の香りを覚えておきましょう。
1. 柑橘系の香り
2. 石けんの香り
3. フローラルの香り
このランキングは、2014年2月に「マイナビウーマン」が22~34歳の社会人男性に対して行ったものです。社会人ということで、オフィスで香っても邪魔にならず、思わずリラックスできそうな柑橘系の香りが1位にランクイン。2位は、お風呂上がりのような石けんの香り。男性は強いにおいよりも、こうしたナチュラルな香りを好むので、まず嫌がられることはありません。清潔なイメージを連想させるのも、受け入れられやすい理由のひとつです。3位は、香水の定番・フローラル。ふんわりと甘い花の香りは、女性を魅力的に見せてくれます。比較的誰にでも似合うので、フローラル系の香水を1本でも持っておくのがおすすめです。

良い香りは、女性を何倍も美しく見せる

人の第一印象は外見で決まるといいますが、どんなにおいをさせているかも重要なポイントです。初めて会ったときに「臭い」と思われれば、どんな美人でも恋愛対象にはなりにくいでしょう。逆に、ルックスが平凡でも男性好みの良いにおいをさせていれば、印象はグッと良くなります。
意中の男性に「いつも良い香りのする魅力的な人」と覚えてもらうため、香りのおしゃれにも気を配りましょう。