部活でたっぷりと汗やほこりにまみれて帰ってきた子どもからは、なんともいえない臭いが漂ってきます。かわいいけれど、いくら親といえども我慢できませんよね。本人もかわいそうですし、家の中に臭いがこもるのも考えものです。しかし、こうした臭いはある工夫によって驚くほどスッキリさせることができるのです!

基本はこまめな洗濯

嫌な臭いの元となっているのは、汗やほこりをエサとして増殖するバクテリア。これを退治しないことには、どれだけ臭い対策に気を使ってもあまり意味がありません。バクテリアは時間がたてばたつほど増えていくので、衣類に臭いが染み付いてしまう前に、こまめに洗うことが大切です。ちなみに、衣類を乾かすだけでは水分は飛んでも繊維に汗の成分が残ってしまうので、必ず水や洗剤を使ってきれいにしましょう。
コツは、洗濯の時に漂白剤を一緒に使うこと。漂白剤は、洗剤だけでは落としきれない繊維の奥深くにまで浸透した汚れもスッキリと落としてくれます。また、水分・汗、動きに反応して良い香りがする柔軟剤なども追加すれば、汗をかいても周囲に不快感を与える心配はありません。

靴の臭い対策にも効果的
衣類と同じように臭いがこもりやすい靴も、できるだけこまめに洗いましょう。洗い替えを何足か用意して1日履いた靴は少し休ませてあげることも大切です。洗うことが難しい場合は風の通る日陰に干しておくだけでも効果が期待できます。
洗う時はまず、靴ひもなどの付属品を外し、古いハブラシを使って靴全体の汚れを払い落としましょう。そして、靴全体がつかる程度のぬるま湯を用意し、靴をしっかりとぬらします。水分が十分に行き渡ったら、靴用の洗剤とブラシを使って丁寧にこすっていきましょう。この時、靴ひもも一緒に洗ってあげてください。最後に、よく水分を拭き取って日陰に干したら終了です。生乾きの状態で履くと余計に臭くなるので、完全に乾いてから履くようにしてください。
また、毎日お風呂で足の指の間や爪の中まできれいに洗うことも大切です。

市販の便利グッズで臭い対策

日本人はもともと清潔好きですが、ここ数年でますます自分や他人の臭いを気にする人が増え、これに比例して消臭グッズもどんどん作られるようになりました。手軽に持ち歩けるタイプもあるので、用途に合わせて子どもに持たせてあげるのもよいですね!

消臭スプレー
汗をかく前に体の気になる部分にスプレーしておくと、バクテリアの発生を抑えてくれます。ワキ以外にも足や靴の中に使えるものもあるので、上手に活用すればさまざまな場所のケアが可能です。ポイントは、汗をかく前に使うこと。汗をかいてバクテリアが発生してしまってからでは臭いの原因を根本的に解決することができず、臭いを防ぐ効果は期待できません。汗をかいてしまった時は、デオドラントシートなどで体を清潔にしてから使うと良いでしょう。

消臭サプリ
消臭サプリは、内服することによって体のなかから臭いの原因をカットするものです。洗濯やスプレーも効果的ですが、これだけではやはり不十分。接客のプロたちも多く愛用しているといわれているサプリを飲んで、汗をかいても臭わない体づくりをしていきましょう。水かぬるま湯で飲むだけなので、面倒なことを嫌がる子どもでも楽に続けられます。

日頃のこまめなお手入れと便利グッズで手に入れる快適生活

部活で汗をかいても臭わない体を作るには、毎日のこまめな洗濯が欠かせません。臭いがきつくなりやすい靴や足も常にきれいにしておきたいですね。これらに加えて、消臭スプレーや消臭サプリなどの便利グッズも利用すると、臭いを防ぐ効果はもっと上がります。大切なお子さんが気持ちよく部活を楽しみ、また、家族みんなが快適な空間で暮らせるよう、工夫を重ねていきましょう。