介護現場で手っ取り早くにおいを消すことができるのが、空気の清浄です。加齢臭や尿臭など、こまめにお風呂に入って、寝具などを取り替えないといけないのですが、なかなか体が動かない、または介護の手が行き届かないことがあります。そんな場合にそなえて、部屋の空気のにおいを消す脱臭アイテムについてご紹介します。

活性炭の脱臭機

活性炭は、においのもとになる有機物を物理的に吸着する作用を持っています。炭は昔から消臭に使われていて人体への害がほとんどく安全です。
炭のなかでも特に消臭力が高いとされる活性炭は、木炭やヤシ炭を原料とし、1000度の高温で熱して炭に人工的ににおい吸着用の微細孔をたくさん作ったものです。この微細孔へ悪臭のもととなる有機物を吸着させ、においを押さえます。吸着された有機物は活性炭の微細孔へそのまま残るため、吸着しつくしていっぱいになってしまうと消臭力がなくなってしまいます。定期的に交換する必要があります。

オゾン脱臭機(空気清浄機)

オゾンの脱臭機は、トイレ、カビ、ゴミ、下水、加齢臭、体臭などに効果がありますが、香水や塗料など人工的なにおいの脱臭にはあまり効果がありません。介護の現場では、自然に発生する悪臭がほとんどなため、オゾン脱臭機を設置すれば、期待どおりに消臭ができるといえるでしょう。
オゾン脱臭機の消臭メカニズム
酸素を放電して、O3分子になったものがオゾンです。しかし、O3のままでは不安定なため、O2に戻ろうとする働きが作用します。この酸素に戻ろうとしたオゾンが悪臭のもとと結びつき、強力に酸化することで悪臭を分解します。
オゾン脱臭機は、酸素を原料とするため、かかるのはほとんど電気代のみです。少ないコストで強い脱臭効果を発揮します。オゾンは人体への影響が心配されますが、市販されているのは人体に影響がないレベルの脱臭機になりますので安全です。

脱臭機能つきのエアコン

脱臭機を設置する場所がないといった場合に検討したいのが、脱臭効果の高いエアコンを選ぶ方法です。メーカー各社から消臭や空気清浄機能付きなど、さまざまな機能を搭載したエアコンが発売されています。今はまだエアコンを買い換えられないという場合は、外側から貼り付けるタイプのフィルターもあります。

すぐににおいを消したいのならスプレーがおすすめ

いますぐににおいをどうにかしたいこともあると思います。そんな場合におすすめしたいのが、「消臭除菌の神様」という製品です。30秒で大腸菌、水虫、カビ、サルモネラ菌などのバイ菌を殺菌し、その抗菌効果が長く続くに渡って続くというものです。ノンアルコールで、塩素系成分不使用、食品由来の成分で作られた、消臭・除菌スプレーのため、高齢の方にも安心して使用できます。皮膚に付着しても問題がないくらい安全性が高い製品です。
また、アルコールでは除菌できない細菌類を99.9%除菌するというすぐれたパワーを持っています。リビングやといれ、キッチンの他、下着や衣類の消臭、枕・ベッド、掃除の仕上げなどさまざまな場所への使用が可能と、幅広く活用できる便利さが、うれしいところです。
防菌効果のほか、抗菌効果もあるため、公共施設、レストラン、介護施設など厳しく衛生状態を保つ必要がある場所でも採用されているなど信頼性があります。
「消臭除菌の神様」をにおいの気になるところに使用すれば、においをほぼ完全に抑え抗菌効果も得ることが一石二鳥ですね。

空気のにおいを取れば快適に

部屋のほとんどの面積を占めている空気。なかなかにおいの対応ができない場合は、この空気そのものを浄化してしまえば、においがかなり軽減されます。介護の現場のにおい対策のために、脱臭剤について検討してみてはいかがでしょうか。