枕カバーはこまめに洗濯しているのに、最近、枕にニオイが残るようになってきたと感じていませんか?あなたの年齢が30歳代後半以上の場合、それはもしかしたら「加齢臭」なのかもしれません!

加齢臭の発生するメカニズム

 
加齢臭の原因となるのは、「ノネナール」という物質です。加齢により、脂肪酸の一種である「9-ヘキサデセン酸」や活性酸素によって酸化された脂質「過酸化脂質」が増えてきます。9-ヘキサデセン酸自体は無臭ですが、過酸化脂質により酸化するとノネナールを生成します。ノネナールは若い人からはほとんど検出されず、40歳以降の中高年の体臭に多く含まれるようになります。

女性にも発生する!?

「加齢臭」というと中高年の男性のイメージが強いですが、実は女性も加齢によりノネナールを発するようになります。女性よりも男性のほうが強くにおうのですが、その理由として男性は男性ホルモンの影響から皮脂の分泌が女性よりも活発であること、女性のほうが入浴やデオドラント対策などこまめにスキンケアをする傾向にあることなどがあります。

〇どんなニオイ?
ノネナールは皮脂の酸化したものですので、脂っぽいニオイがします。その他には、ろうそくのニオイ、古本のニオイ、タンスのニオイ、チーズのニオイなどと例えられます。加齢臭とひとことで言っても、体臭と混じりますので人により発するニオイは異なります。また、嗅覚の鋭さやニオイの感じ方も人により異なります。

○体のどの部位が発生源?
頭皮、耳の後ろ、うなじ、背中、脇、胸、陰部などが加齢臭の発生しやすい場所です。「自分の枕がクサくなった」と感じるのは、うなじや頭皮から出た加齢臭が枕の布に移ってしまったものです。特に耳の後ろは、入浴するときに他の部位と比べて洗い残しがありがちなうえ、耳は他人の鼻の近くに位置するので気づかれやすく気を付けるべき部位と言えます。

セルフチェックをしてみよう

自分の体臭は自分では気がつきにくいものです。男性はよく奥様から指摘されて気がつくケースが多いようですが、女性はどうやって自分が加齢臭を放っていないか調べればいいのでしょう。女性は男性よりも体臭が弱い傾向にあり、パートナーに聞いてみても、気にならないよ、としか返ってこない可能性があります。まずは自分でセルフチェックをしてみましょう。
・額や耳の後ろ、首の後ろ側をティッシュで拭い、そのにおいを自分でかいでみる
・朝おきたらすぐに、枕、シーツのにおいを嗅いでみる
・一日着た服を脱いだ後に、しばらく時間をおいてから襟や背中部分のニオイをかいでみる
(加齢臭が出いやすい人は下着にもニオイがつきますので、下着もかいでみましょう)

これらの方法を試して、自分でニオイを感じるようなら加齢臭が出ている可能性があります。

加齢臭の対策方法

・入浴(湯船につかる)で良い汗(塩分やミネラル濃度の低いサラサラの汗)をかきましょう。酸化した皮脂が加齢臭の原因なので、夏でもシャワーで済まさず湯船につかり、毛穴の奥の皮脂を浮かせてしっかり落とす。
・消臭成分(ミョウバンなど)の配合された石鹸を選び入浴時に使う。
・加齢臭に対応したエチケットサプリメントで体の中からニオイをケアしよう。

ニオイは他の人に指摘しにくいものです。そのため周囲が我慢し自分だけが気付いていないことも!出かける前に鏡の前で身だしなみをチェックをするように、エチケットの1つとしてニオイ(加齢臭)チェックをするのを習慣にしてはいかがでしょうか。