夏になって薄着になると余計に気になる汗のにおい、特に脇汗に不安を抱いている方が多いのではないでしょうか。脇汗で汗染みができてしまうほど、汗が止まらず何にも集中できないといった悩みをかかえていると大変です。今すぐできる脇汗対策についてお伝えします。

脇汗がにおう原因

脇には、エクリン腺、アポクリン腺、皮脂腺という3つの器官が存在し、それぞれ汗やそのほかの分泌物を排出します。エクリン腺から分泌されるのは、99%が水で残り1%に塩分、尿素などが混じっています。アポクリン腺は粘り気のある分泌液を排出します。粘り気のある汗はなかなか蒸発せず、ほとんど塩分がないため、皮膚常在菌が繁殖しやすくなります。これが発酵してワキガ臭になってしまうのです。
動物性脂肪をたくさん取る人は、皮脂腺から分泌される油脂成分が増え、エクリン腺やアポクリン腺から分泌されるもののにおいをさらに強くする怖れがあります。

まずは日常生活の改善を

体が冷えやすい、血行が悪い、一日中座ったまま過ごしているなどの生活習慣があると、全身にあるエクリン汗腺の働きが低下してしまいます。汗腺がうまく機能していないため、暑い場所に行くと、脇汗だけがだらだら流れてくる、塩分の多い汗が出るといったことが起こってしまいます。適度に運動をし、血行をよくする、また、ストレスを低下させ自律神経がうまく機能するようにすることが大切です。
また、動物性油脂、体を冷やすカフェインなどのは控え、体の機能を正常にするビタミン、植物性タンパク質を含む食品を摂るようにしましょう。
即効性を求める人には、体の中からにおいを消す消臭サプリFeクロロフィルがおすすめです。Feクロロフィルに配合されているFeクロロフィリンNaは、ほうれん草、桑の葉などから採れる葉緑素を水に溶けやすくしたものです。これが、アンモニアや、硫化水素など体臭のもととなる成分が血液の中に流れ込むのを防止してくれます。同時に腸内環境がよくなる成分を取得すれば、さらに効果が高まります。腸内環境は全身の新陳代謝や健康状態とつながっているため、善玉菌を増やすものを取れば、悪臭の元となる老廃物がきちんと排出されるようになるためです。

ミョウバン製品でニオイ防止

毎日シャワーや入浴をすることも大切です。入浴時に使いたいのが、ミョウバン配合の製品です。あまり知られていませんが、ミョウバン石けんは、脇臭、汗臭の元になる菌を強力に殺菌する効果を持っています。
ミョウバン石けんに入っている、トリクロサンとトリクロカルバンという2つの有効成分が組み合わさって、においの元を抑える効果を発揮します。ミョウバン石けんにはこれに加えて、さらに殺菌効果の高いペパーミントが加わっています。ペパーミントの香りは、体を洗った際にスーッとする清涼感を与えてくれます。
全身に使うのはもったいないという方は、においの気になる箇所へのみミョウバン石けんを使うという使用法もあります。
さらに、におい防止効果の高いミョウバン石けんの効果を持続させるために、制汗剤代わりにもなるミョウバンスプレーを使えば、より安心です。携帯して、スポーツの後など汗をかいたときに手軽に使うことができにおいの元を抑えることができます。

水分を多く取る

人は呼吸や尿などで一日1.5から2リットルくらいの水分が体外に出ているそうです。水分が足りないと、さらさらの汗が出ず、粘り気のあるにおいの強い汗が出てしまいます。ジュースではなく、無糖のミネラルウォーターなどでしっかりと水分を補給することが大切です。

どうしても困るという場合は病院へ行くという選択も

遺伝などで困っている、ワキガが気になって余計にストレスを感じてしまう、人の集まる場所に緊張して行けないといった場合は病院に行くという選択もあります。治療費は高額ですが、においの元となる汗腺の働きを抑えるボトックスの注入、レーザー照射など、悩みを解消する方法があります。