ダイエット中に、ご自分の体臭がきつくなったと思った方はいらっしゃいますか?もしかしたらそれは、「糖質制限」によるものかもしれません。なぜ糖質を制限すると体臭がきつくなるのでしょうか?

糖質を制限すると体臭が発生?!

ご飯やビールなど、糖質を含むものを摂らない「糖質制限ダイエット」。糖質を摂らないだけで体内の脂肪を燃焼できる、また、体重が早く落ちやすいダイエットとしてとても人気ですが、実はこの糖質制限ダイエットの過程である物質が大量に出現し、汗や尿などの老廃物や口から独特の臭いを発する場合があるのだそうです。一体どんな物質なのでしょうか。

臭いの正体は「ケトン体」「アセトン」
糖質制限をする過程で出てくる臭いは「ケトン体」「アセトン」という物質であるといわれています。
これらには独特の臭いがあり、体内でエネルギー源として蓄えられている「ブドウ糖」をすべて消費してしまった際に、あらかじめ蓄えられていた体脂肪が分解されます。
この分解が始まった際に、ケトン体が肝臓で産生され、血液中にケトン体が放たれます。このとき、ケトン体は血液にのって全身に運ばれます。
ケトン体を構成する物質には、アセトンやアセト酢酸などがあります。
このアセトンには甘酸っぱいにおいやツーンとしたにおいがあり、汗をかいた際や老廃物を排出する際に体臭として排出され、呼気に混じると口臭にもなってしまいます。

「ケトン臭」を防ぐには

ケトン体やアセトンから生まれる体臭はどうにかして防げないものでしょうか?
ダイエットと合わせて行える対策法をご紹介します。

・極端な糖質制限を思い切ってやめる
いきなりすべての糖質を制限するダイエットも効果的とはいえそうですが、急激に糖質を制限するとケトン体もたくさん産生されてしまうため、体臭予防の観点からはあまりおすすめはできません
たとえば、3食のうち1食は炭水化物をカットするなど、初めのうちはゆるく炭水化物の量を設定しておくなど、ご自分で1日に摂る炭水化物の量を決めておくと良いでしょう。

・運動量(有酸素運動)を増やす
炭水化物を制限するのもダイエットにも必要ですが、ウォーキングやヨガなどの有酸素運動を取り入れるとケトン臭の発生を押さえられるという識者の意見もあります。食べ物の制限だけでなく、運動を組み合わせることで脂肪の燃焼もできそうですよね!

・アルカリ性食品を食べる
ケトン体は酸性の物質といわれています。そのため、逆の性質であるアルカリ性の食品を摂取することで体を弱アルカリ性に傾けられるといわれています。
体を弱アルカリ性に傾けることで、体臭が和らぐ可能性が高いそうです。
ちなみに、アルカリ性の食品には、下記のようなものがあります。

野菜
果物
海藻類
大豆製品
…など

・クエン酸の摂取もおすすめ
クエン酸は体臭取りとして重宝されている物質です!
クエン酸を摂取できる食品には下記のようなものがあります。

梅干し
柑橘類

…など

・とにかく水分補給!
頻繁に水を飲むことで、尿に含まれるアセトンを減らすことができます。
水を飲むことでアセトンを減らし、尿として排出することで体臭を減らせますよ。

糖質制限で体臭がきつくなるなんて、せっかく痩せても魅力が半減…と落ち込んだ方もいらっしゃるかもしれませんが、摂取する食品や運動の取り入れ方次第で、ケトン臭にさよならすることも可能です!
もちろん効果の現れ方には個人差がありますが、まずはご自分に無理のない範囲で、ダイエット中の体臭対策をしてみませんか?