女性は男性に比べると体臭に気を配り、体臭自体も少ないというイメージが強いかもしれません。しかし、女性の頭皮も、実は臭っている可能性があります。女性だからこそ発生しやすい臭いがあるのをご存知でしょうか? 頭皮の臭いは、自分でも気がつきにくい部分です。女性ならではの頭皮の臭いのもとを理解して、きちんと髪のケアをしてみませんか?

暖かくなることによって頭皮がベタつきやすくなる

新年度が始まる春は、さまざまなスタートの季節です。服装も身軽になり、気分もあがる時期ですが、反面、皮膚はトラブルを抱えやすい時期でもあります。温度や湿度などの変化に伴い、身体は汗をかきやすくなり皮脂の分泌量が増えるため、臭いが発生しやすくなります。春風になびく魅力的な長い髪も、頭皮の蒸れの原因になることがあります。頭皮の毛穴は他の皮膚の毛穴よりも大きく数も多いため、汚れが詰まりやすい場所です。洗髪の際には、頭皮の汚れをしっかりと落とし、臭いの発生を抑えましょう。だからといって、ごしごし擦るような洗い方は禁物です。頭皮を傷つけてしまっては、雑菌が繁殖しトラブルや臭いのもとになります。しっかりと泡立てて優しくマッサージするように洗髪します。ただ洗浄力の強いシャンプーを使うのではなく、自分の肌にあったシャンプーを選ぶことも大切です。
シャンプーの選び方はこちらから

強い風で髪にホコリがつきやすくなる

春は、風が強く吹き乾燥してホコリっぽい日が多いため、髪や毛穴にホコリや花粉などがつきやすくなります。ホコリと皮脂が混ざると、毛が絡まって切れ毛の原因になったり、頭皮の毛穴を詰まらせたりしてしまいます。髪のホコリを取り除くには、ブラッシングがおすすめ。いきなりシャンプーをするよりも、事前にブラッシングをして、ホコリをきちんと落とすひと手間を加えましょう。シャンプーの泡立ちもよくなるので、不要な力を入れることなく、髪と頭皮の汚れを落とすことができ、頭皮や髪の傷みを防ぎます。また、ヘアトリートメントをすることにより髪のダメージを抑え、ホコリがつきにくい髪に仕上がります。洗髪前だけでなくこまめにブラッシングをして、ホコリが髪に溜まらないように心がけましょう。その際、汚れたままのブラシではせっかくのブラッシングも逆効果になってしまいます。ブラシを清潔に保つことも忘れずにしてくださいね。

紫外線が強くなり頭皮へのダメージが増える

頭皮は顔以上に紫外線を浴びています。春は真夏にも匹敵する紫外線量になります。紫外線によって、頭皮や毛髪は、乾燥やダメージが起こりやすくなります。さらには、髪のもととなる毛母細胞の働きが悪くなると、抜け毛や薄毛の原因にもなってしまいます。また、紫外線のダメージで頭皮が荒れることにより、臭いが発生しやすい状況までも作り出してしまうのです。どんどん紫外線が強くなっていくこれからの季節は、帽子や日傘などで頭皮を保護したり、こまめに髪の分け目を変えたりすることにより、紫外線による頭皮へのダメージを軽減するような工夫をしましょう。

ホルモンバランスが乱れやすい

春は生活環境の変化や気候の変化により、身体に負担がかかりやすくなり、女性のホルモンバランスも乱れがちになります。女性ホルモンは、女性の髪や肌を健康に美しく保つために、大切な働きをしています。女性ホルモンのバランスが崩れると、汗や皮脂の量が増えて頭皮がべたついたり、新陳代謝の機能が低下して古い角質が頭皮に残ったりしてしまいます。また、女性ホルモンが減少することで地肌が乾燥し、頭皮のバリア機能が低下し、さまざまなトラブルの原因にもなります。これらはすべて、頭皮の臭いのもとに繋がります。ホルモンバランスは、加齢やストレスにより乱れやすくなります。なにかと忙しい春ですが、栄養バランスのとれた食事を意識し、しっかりと休息をとったり趣味やスポーツなどでリフレッシュしたりして、ストレスが溜まらないようにしましょう。

まとめ

男性よりも身なりに気を使っているから大丈夫! なんて過信は禁物です。放っておくと頭皮環境が悪化して臭いのもとになり、髪自体にも影響がでてしまいます。髪を守るためにも、頭皮ケアをしっかりとしましょう。