春は、さまざまな花が咲き乱れる素晴らしい季節ですが、花粉症の人にとってはスギ花粉の飛散する憂鬱な季節ですね。。。目のかゆみや鼻のムズムズは集中力を妨げ、勉強や仕事に悪影響ですし、花粉を避けるために晴れの日の外出を控えるなどして生活に制限がかかったりと、とても厄介なものです。

ペパーミントを花粉症対策に取り入れよう

実は、花粉症の症状を緩和できるアロマテラピーがペパーミントなのです。
ペパーミントといえば、誰でも聞いたことがある馴染みのあるハーブですよね。スーッとした爽快感のある香りが特徴で、歯みがき粉やガムとして私たちの生活の中でも見かけることが多いハーブです。実は、このペパーミントは、爽快感だけでなく様々な効果・効能がある優れもののハーブなのです。

なぜペパーミントが効くの?

・鼻づまりに効果あり!
ペパーミントの成分のうち、メントール、ルテオリン、ミントポリフェノールにはアレルギーの原因物質であるヒスタミンの放出を抑える、抗ヒスタミン成分が含まれています。また、鼻の粘膜の腫れをおさえる効果があると言われています。
 ・不快な気分をリフレッシュ!
ペパーミントの香りは、高ぶった神経を鎮静させてくれます。花粉症の不快感でイライラした心を落ち着かせる効果も期待できます。

では、ペパーミントのパワーを花粉症対策に取り入れる方法をいくつかご紹介します!

芳香浴で鼻のつまりを改善

洗面器にお湯を張り、ペパーミントのエッセンシャルオイル(精油)を数滴たらします。そして、立ちのぼる蒸気を吸い込んだり、顔にあてたりします。蒸気で鼻の粘膜が温まると血行が良くなり、鼻づまりを解消してくれます。入浴する時に、コップに暖かいお湯とオイルを数滴たらし、浴室内に置いておくのもおすすめです。湯船につかりながらミントの香りでスッキリ気持ちがよく入浴できますよ。

ペパーミントティーでリフレッシュ

吸い込んだ花粉が混じった鼻水がのどに流れこむことで、のどが刺激されイガイガすることがあります。そんな症状にはペパーミントティーがおすすめです。のどの炎症部分にペパーミントの成分が届きます。
ペパーミントティーのティーバッグが市販されています。ティーポットで淹れたり、もっと手軽にマグカップにティーバッグで楽しんだり、ご自分が続けられそうな方法で取り入れてみてください。ペパーミントティーを飲むときに蒸気を吸い込めば、上記の芳香浴でご紹介したのと同じ効果が得られます。

外出先でも使える!マスクにエッセンシャルオイルをたらして

仕事で外出することが多いから、外出先で使える方法が知りたい。そんな方へおすすめの方法です。マスクに一滴、ペパーミントのエッセンシャルオイルをたらして使ってみましょう。

アロマテラピーについての注意点

・エッセンシャルオイルを購入する際、安値のものは合成香料などの化学物質が含まれた品質の低いものである可能性がありますので避けましょう。体内に取り入れるものですので、専門店できちんと選んで購入しましょう。

・アロマテラピーは花粉症を治療するものではなく、あくまで症状を緩和するものです。医療機関で診断を受け、投薬などの治療を受けることが第一です。