人を話すときに、コーヒーの口臭を感じて、「うっ」と思った経験はありませんか? コーヒーは朝の目覚めの一杯、気分転換のための一杯など、リフレッシュするために欠かせない飲み物です。口臭が気になるとはいっても、コーヒーを飲むことをやめるのは、なかなか難しいのではないでしょうか。コーヒーをやめなくても、簡単にできる口臭対策をご紹介します。

コーヒーの口臭なぜ起きる?

コーヒーによって口臭が強くなる理由にはいくつかあります。考えられる主な原因を挙げてみます。
 コーヒーの微粒子が舌の突起につくこと
舌についた微粒子は、唾液の分泌を妨げます。唾液には細菌を洗い流す働きがあるため、唾液の分泌量が減少してしまうと、細菌が繁殖しやすくなってしまいます。細菌が繁殖すると、卵が腐ったような臭いの素、硫化水素、メテルメルカブタンなどを発生します。
 コーヒーの利尿作用
コーヒーに含まれるカフェインには利尿作用があるため、コーヒーを飲むと水分不足になりがちです。水分不足になると唾液の分泌量が減ってしまいます。このことでも同様に細菌が繁殖しやすくなり、悪臭が発生するようになります。
 胃酸と混じったにおいが戻ってきて、口からにおってしまう
コーヒーは胃酸の分泌を促進する作用があります。そのため、胃が食べ物を消化する際のにおいがゲップで戻ってきて、口からにおってしまうことがあります。
 コーヒーはにおいの強い嗜好品
コーヒーはもともとにおいの強い嗜好品です。ですから、少し近づいただけで他の人ににおってしまいます。生暖かい息のなかに細菌によって生成されたにおいが混じり、顔を近づけるだけで口臭としてにおってしまうようになります。

においの強いもの同士を複数取得することでより口臭が強く

コーヒーを飲むときに絶対に避けたいタブーがあります。それは、たばこやアルコールなど、同じくにおいの強い嗜好品と一緒に摂ることです。これらを一緒に取ってしまうと、両方のにおいが混じって、より強いにおいになってしまうためです。口からドブのようなにおいがするといった事態にもなってしまいますので、ご注意を。
コーヒーの口臭対策のためにやりたいこと
コーヒーは自分が思うよりもにおいを発しているものです。コーヒー臭を気にせずコーヒーを飲むために手軽にできる対策を挙げてみます。
 唾液不足を防ぐために、水分を補給
ミネラルウォーター、またはフラボノイドで消臭効果が期待できる緑茶などもいいでしょう。ペットボトルなら持ち歩きが可能です。コーヒーを飲んだ後に水分を補給すれば、舌の上にコーヒーの微粒子とどまることを防止できます。
 ミルクや砂糖を入れずにブラックで飲む
ミルクや砂糖は細菌のえさになりやすいため、口臭の原因になりがちです。ブラックで飲んだほうが、口臭が抑えられます。
 うがい、歯磨きをする
もし、余裕があるようだったら、うがいや歯磨きをするようにしましょう。

ここまで気を配ると、かなりにおいを防止できるでしょう。

コーヒーを飲むときは、水かお茶を持ち歩こう

人と接する機会がある場合は、コーヒーを飲んだ後、水や緑茶を飲んでにおいを消すように心がければ安心できます。口がにおってしまうからと、仕事の合間のひと息にとコーヒーの楽しみをあきらめなくても、手軽に口臭対策ができますよ。