消臭効果も香りも素晴らしいペパーミントオイル。ペパーミントオイルを使用して除菌スプレーがつくれるってご存知ですか?ペパーミントの効能と自宅で簡単につくれる除菌スプレーの作り方をご紹介いたします。

ペパーミントで消臭!
ペパーミントは、ガムにもよく含まれている「消臭・芳香」成分でご存知の方も多いと思います。
実は消臭や芳香に効果的なだけでなく、他にも暮らしに役立つ効能がたくさんあるんです。

口臭だけじゃない!お部屋臭にも力を発揮
ペパーミントには、口臭だけでなく、空間のにおいを和らげてくれる「芳香作用」があります。お部屋のにおいが気になった時に使ってみたいですね。
また、「芳香作用」のほか、目に見えない菌を退治してくれる「抗菌作用」と、ゴキブリを始めとするあらゆる虫類の忌避にも効果があると実証されています。暮らしには欠かせないスーパーハーブになりそうですね!

ペットがいるご家庭でも安全に使える
アロマをご家庭で使用する際、「ペットがいても使用できる?」という点を気にされる方も多いと思います。今回ご紹介しているペパーミントは、ペットへの毒性も確認されていない安全なアロマに選別されています。
ですが、ペットの種類によっては不調を引き起こしてしまうこともあるかもしれませんので、念のため、使用前に獣医師さんにご相談されることをおすすめします。

アルコールを混ぜて、除菌も可能!
「『芳香作用』があることは分かったけど、どうやってお部屋に使うの?」そう思った方も多いはず。使い方はアルコールやペパーミントなどを混ぜるだけで完成するため、極めて簡単に作れます。色もつかないため、色がつくと困る場所にもササッと使用できますよ。さっそく、作り方をご紹介します♪

除菌スプレーを作ってみよう
準備するもの(100ml分)
スプレー容器
無水エタノール 40ml
精製水(または水道水)60ml
ペパーミント精油 10滴ほど

ペパーミント精油は100%ペパーミントの純粋なものを使用してくださいね。

-作り方-
1. スプレーボトルの中に、エタノールとペパーミント精油を入れます。
2. 精製水(水道水)を加えてしっかり振って混ざったら完成!

「順番はどちらでもいいのでは?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、先にエタノールと精油を入れることで精油の分離を防げますので、この順番で作ってることをおすすめします。
除菌スプレーが手についた時のお肌への刺激が気になる方は、エタノールの量を減らすと良いでしょう。
また、香り付けとしてレモン精油やラベンダー精油など、お気に入りの香りを数滴ミックスすると飽きのこないオリジナルの除菌スプレーを作ることもできますよ。

・エタノールを使いたくない場合はクエン酸を使ってもgood
「小さな子どももいるし、肌も弱いからエタノールはちょっと…」という方は、エタノールの代わりにクエン酸を使うのもおすすめです。
実は、クエン酸にも「除菌・消臭作用」が含まれるため、エタノールの代用品としてはパーフェクトなのです。

・クエン酸を使ったペパーミント除菌スプレーを作ってみよう
-準備するもの(100ml分)-
スプレー容器
クエン酸粉末 小さじ半分
精製水(または水道水)100ml
ペパーミント精油 10滴ほど

-作り方-
1. スプレーボトルに100mlの精製水(水道水)を入れる
2. クエン酸を加える
3. ペパーミント精油を加えてしっかり振って混ざったら完成!

作り置きは可能?
精製水を使った場合と水道水を使った場合で使える期間は異なります。
精製水を使う場合は1ヶ月、水道水の場合は1週間をめどに使い切ることをおすすめします。
クエン酸を使った場合もエタノールも使った場合も、香り付けとして混ぜる精油によっては効果が弱くなるものもありますので、なるべく早めにお使いくださいね。

ペパーミントを使った簡単な除菌スプレーの作り方をご紹介しました。
おうちにあるもので簡単に作れますので、お掃除の際やお部屋の消臭にぜひ使ってみてくださいね。