自宅でコーヒーを入れた時に出るコーヒーかす。どうしていますか?実は、コーヒーかすには脱臭・消臭効果があります。是非、ぽいっと捨てる前に、自宅で簡単にできる脱臭・消臭剤をつくってみましょう。

コーヒーの消臭・脱臭成分
コーヒーを抽出した後の、湿った状態の抽出かすには、あの脱臭炭よりも強力で、優れた消臭力があるというデータが出ています。
コーヒーの抽出かすは、酸性物質とされ、アルカリ性由来のアンモニア臭をどんどん吸収し、不快なにおいを消してくれる効果が認められています。
つまり、コーヒーかすをうまく利用すれば、市販の消臭剤に頼らずとも、自分で自然の消臭剤が作れるということになります。
ゴミも減り、おうちのイヤ~なにおいも消せるなんて、一石二鳥と言っても過言ではないのではないですね!

・コーヒー抽出かすに含まれる水分がアンモニアを分解
コーヒーかすの表面には脱臭炭と同様に多くの穴が空いていることから、コー脱臭炭に似た構造で構成されているといわれています。
また、乾燥した状態よりも、水分を含んだままの状態のほうが、アルカリ性のにおいを吸収し、中和しやすいことも明らかになっています。

ということは、コーヒーを淹れた直後のコーヒー抽出かすのほうがにおいにはより効果的であるということですね。
乾かす手間も省け、においの吸収にも優れているなんて、忙しい方には特に重宝しそうですね!

場所別!コーヒー抽出かすを使った消臭・脱臭法
コーヒー抽出かすを利用した消臭・脱臭法を、お部屋の場所別にご紹介します。

《基本のコーヒーかす脱臭剤の作り方》
・準備するもの
底が浅い小皿などの容器…1つ
コーヒーの抽出かす

・作り方
1. コーヒーの抽出かすの水気を切ります。
2. 底が浅い小皿に、水気を切ったコーヒーの抽出かすを広げて完成!
(室温が高い時期はカビが生える可能性がありますのでご注意ください)

○トイレに置く場合
基本のコーヒーかす脱臭剤をトイレの隅に置くだけで消臭効果が得られます。
交換は1日〜2日を目安にすると良いでしょう。

○冷蔵庫に置く場合の消臭剤の作り方
食べ物によっては、冷蔵庫のにおいがきつくなることもありますよね。
そんな時にも役立つのがコーヒー抽出かす。コーヒー抽出かすは口に入っても害がないので、安心して使えそうです。
冷蔵庫に置く場合も、先ほどご紹介した《基本のコーヒーかす脱臭剤》を冷蔵庫の空いたところに置くと良いでしょう。
平皿を置く場所がない場合は、下記レシピをご参照ください。

《ドライコーヒーかす脱臭剤の作り方》
・準備するもの
目の細かい布の袋(お茶パックなど)…1つ
乾燥させたコーヒー抽出かす…適量

・作り方
お茶パックなどの目の細かい布の袋に、乾燥させたコーヒー抽出かすを入れて完成!お茶パック程度の大きさなら狭いスペースにもフィットしやすく、気軽に使いやすいですよ。

○下駄箱(靴)に置く場合の消臭剤の作り方
下駄箱に置く場合は、靴のことを考えるとコーヒー抽出かすを乾燥させたものを使用したほうがベターかと思います。

先ほどご紹介した《ドライコーヒーかす脱臭剤の作り方》でご紹介したものを下駄箱内数カ所、もしくは靴の中に入れておくと良いでしょう。

本来はゴミとして片付けられがちなコーヒー抽出かす。ゴミも減らせて、家の嫌なにおいが消えるのなら、どんどん使っていきたいですね。