「種類がありすぎて迷う」「全部同じに見える」とシャンプー選びに悩んでいませんか? 肌質や髪質に合わないシャンプーは、においやフケの原因になります。でもお店に並ぶシャンプーは数が多すぎて、いろいろ試してみるのにも限界がありますよね。シャンプーの種類とそれぞれの得意分野を知って、自分に合いそうなシャンプーに絞り込みましょう!

シャンプーの種類は大きく分けて3つ!

シャンプー売り場にはたくさんのシャンプーが並んでいますが、すべてのシャンプーは大きく3種類に分類できます。
高級アルコール系
もっとも一般的な種類。石油由来の界面活性剤が入っているものが多く、主に弱アルカリ性です。商品によっては弱酸性のものもあります。泡立ちのよさが特徴で使いやすく、適度な洗浄力を持っています。
せっけん系
脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウムといった界面活性剤が原料で、アルカリ性。せっけんと聞くと優しそうなイメージを抱きがちですが、脂を落とす力がもっとも強いのはこのせっけん系シャンプーです。
アミノ酸系
アミノ酸を含む界面活性剤を使用しています。商品によって弱アルカリ性のものと弱酸性のものがあります。洗浄力は高級アルコール系やせっけん系に劣りますが、肌への刺激が少ない種類です。

ベタベタ?フケ?悩みに合ったシャンプー

まずはいま使っているシャンプーがどのタイプなのかをチェックしてみてください。そのシャンプーを使っていて気になるのはどのようなポイントでしょうか?
ベタつきが気になる
頭皮がベタつきやすいオイリー肌の人は、洗浄力の強いせっけん系シャンプーを試してみましょう。せっけん系は髪の毛がきしみやすいのが注意点。せっけん系シャンプー用につくられた酸性のリンスを使って、アルカリ性に傾いた髪の毛を中和してくださいね。
もともとオイリー肌でないのにベタつく人は、シャンプーの洗浄力を落としてみましょう。必要な皮脂まで落としてしまっていると、それを補うために頭皮は過剰に皮脂を出してしまいます。避けたいのはせっけん系シャンプーと、高級アルコール系のなかでも石油由来の界面活性剤を主な洗浄成分にしたもの。パッケージの成分表示を確認し、「ラウリル硫酸」や「ラウレス硫酸」というワードがあるものは石油由来成分です。
乾燥・パサつきが気になる
乾燥肌や敏感肌の人にはアミノ酸系シャンプー。洗浄力は弱めですが、頭皮を刺激しすぎません。薄毛や抜け毛で悩んでいる人、パーマやカラーの持ちが悪くて困っている人にもおすすめです。
フケが気になる
頭皮が乾燥してフケが出ている人はアミノ酸系シャンプーを使って肌をいたわりましょう。オイリーなのにフケが出る場合には、「薬用」と書かれた、フケ防止などに特化したシャンプーを試してみてください。

ノンシリコンシャンプーってなに?においの原因になることも

シャンプーに含まれるシリコンは、髪の毛の指通りをよくするための成分です。手触りがよくなるだけでなく、髪の毛同士の摩擦を減らすことでダメージを防止してくれます。ノンシリコンシャンプーは、このシリコンを含まないもの。高級アルコール系、せっけん系、アミノ酸系それぞれに、シリコン入りとノンシリコンの商品があります。
「ノンシリコンのほうが頭皮と髪に良さそう」と思われがちですが、科学的な裏付けはないのが現状。あくまで肌質と髪質、好みによります。ノンシリコンシャンプーで髪の毛のごわつきが気になる人は、無理にノンシリコンのものを使い続けると髪の毛が痛みやすくなってしまいます。
痛んだ髪の毛はにおいも付きやすくなるので注意。ノンシリコンシャンプーはシリコンの代わりにオイル系の成分を含んでいることが多く、すすぎ不足で油くさいにおいが出てしまうこともあります。

健康な頭皮と髪の毛を手に入れよう

シャンプーを種類分けできるようになると、沢山ある商品から自分に合いそうなものを絞りやすくなります。パッケージやキャッチコピーだけで判断するシャンプー選びは卒業です! あなたの頭皮と髪の毛に合ったシャンプーに出会えるとよいですね。