香りを感じるメカニズム

自分の好きな香りを嗅ぐと、気持ちが安らいで心地良くなるということは、皆さん経験があると思います。
実際にラベンダーの香りを嗅ぐと、リラックスをした時にでるアルファ波が増えたり、ウイスキー好きの人がウイスキーの匂いを嗅ぐと脳の血流が増えるなどの研究結果が出ているそうです。
人間は、五感のうち、視覚と聴覚が発達しています。これは、脳の大脳新皮質で支配されていて思考に関係していて脳の90%は大脳新皮質が占めていると言われています。その中で、香りを感じる嗅覚だけは、「大脳辺縁系」と直接つながっています。
香りを嗅いだとき、香りの分子は、鼻腔を通って嗅覚神経が多数ある嗅上皮の嗅細胞で受容されて電気信号(インパルス)に変換され、匂いの情報を大脳辺縁系に届けます。
大脳辺縁系は、体の基本的な機能をつかさどる場所です。この領域には、海馬や偏桃体も含まれています。海馬は、体験や学習によって獲得した記憶を貯める場所で、偏桃体は、快・不快、恐怖などの情動をつかさどります。自律神経の働きや食欲、呼吸、体温調節、内臓の働きなどを支配している視床下部も香りの情報の影響を受けているという事がわかっています。また視床下部の下にある下垂体はホルモンを分泌する内分泌系の働きをつかさどり、免疫系にもつながっています。

これら自律神経系と内分泌系、免疫系は、ネットワークを作りお互いに連携しながら、それぞれの役割を果たし、生体恒常性(体や環境の変化に関わらず、体内環境を一定の状態に保つこと。ホメオスタシスともいう)を維持しているそうです。

アロマテラピーは精油(エッセンシャルオイル)の香りを使って、体や精神の不調を穏やかに回復し、心身の恒常性(ホメオスタシス)を維持するための自然療法(人が本来持っている自然治癒力に働きかけ、健康の回復・維持を図ること)です。
自分の好きな香りを楽しむことによって、心地よい香りの情報が大脳辺縁系・視床下部に伝わり、視床下部の機能が整って、心身の恒常性を維持することができるんですね。
なお、アロマテラピーは、「嗅覚器から脳」へ伝わるルート、「呼吸器から血液」「皮膚から血液」の3つのルートがあります。

簡単でも効果的なアロマテラピー

初めての方は、アロマテラピーは精油の扱い方が難しそうと思われるかもしれませんが、実際はとても簡単にアロマテラピーを実践することができます。
最も大切なことは、精油の選び方。中には化学合成品の精油もありますので、専門店で品質のしっかりとした天然ものを選びましょう。
最初は気負わず器具を使わないで生活に取り入れてみることをお薦めします。例えばティッシュペーパーにラベンダーの精油を1滴たらして枕の下に入れて眠ると質の良い睡眠を摂ることができます。また、肩こりや目が疲れた時に、お湯に精油を1~2滴入れた中にタオルを入れてホッとタオルを作り、それを肩や目の上にあてると疲れが和らぎます。天然塩に精油を混ぜたものをお風呂に入れたり、お湯の入っているマグカップに精油を入れて香りを楽しんだりと簡単に生活に精油を取り入れることができます。
心身の健康のために、アロマテラピーを取り入れてみてはいかがですか?