夏に受けた頭皮のダメージをそのままにしていると、秋から冬にかけて、抜け毛や臭いトラブルの要因になってしまいます。秋に気持ちよく頭皮をケアして、心地よい冬を迎えましょう。

夏のダメージが頭の臭いを誘発する?

全身に存在している皮脂腺ですが、首から上には特に多く、頭皮にはTゾーンの2倍もの皮脂腺があります。さらに、分泌される皮脂の量は室温や気温によって変化し、夏に分泌される量は冬の2倍ともいわれます。過剰に分泌された皮脂は、ただでさえ頭皮に残りやすいというのに、夏の強い紫外線によって酸化された皮脂は毛穴に詰まりやすくなっているのでなおさらです。毛穴に詰まった皮脂やほこりは雑菌のエサになるため、頭の臭いの原因になってしまいます。
頭の臭いの原因については、「あなたは大丈夫?意外と知らない頭の臭い」でも説明していますので、こちらを参考にしてください。
秋冬には夏場と違って乾燥対策が必要になりますが、夏の紫外線でダメージを受けた頭皮は角質がめくれていたり炎症を起こしていたり。。。このような頭皮の状態で気温が下がって頭皮の血行が悪くなる冬を迎えてしまうと、保湿を意識した対策だけでは、フケやかゆみ、抜け毛、臭いの問題は解消しにくく深刻なものになってしまうのです。

プロの手による頭皮ケアの効果のほどは?

頭皮の健康状態の向上、髪のコンディションの改善や育毛、リラクゼーション効果などが期待されるというプロの手による頭皮ケア。さまざまな手法のケアがあるなか、近年注目されているのが「ヘッドキュア」です。「ヘッドスパ」と「ヘッドキュア」ではどのように違うのか、ヘッドキュアではどのような効果が期待できるのかみていきましょう。
ヘッドキュアとは、「キュアリスト」という資格を保有する「スペシャリスト」によって行われるケアです。資格の取得には、知識だけでなく実技も試されるため、取得するのは容易でないといいます。「スパ」はリラクゼーションを主な目的とする人に向いているのに対して、「キュア」ではリラクゼーションの効果も得られますが、より頭皮ケアに重点をおいた内容になっています。
ヘッドキュアでは、「抜け毛、白髪、乾燥、フケ・かゆみなどをおさえて、頭皮と毛髪を正常化させる」という理念のもと、キュアリストによるカウンセリングと施術が行われます。施術では、頭皮のトラブルの原因となる古い角質や毛穴に詰まった汚れを除去するとともに、頭皮の水分をコントロール。個々の頭皮の状態と悩みに応じたケアによって、頭皮トラブルの解消と頭皮の正常化を目指すのです。

自宅でできる話題の頭皮ケア

夏に受けたダメージをリセットしても、これからのダメージを蓄積してしまっては健やかな頭皮は保てません。ダメージをため込まないために定期的にケアしていきたいところですが、そうそうサロンに通っていられないという方は少なくないでしょう。自宅でできる頭皮ケアの方法をご紹介します。
頭皮マッサージ
頭皮ケアの基本ともいえるマッサージは、新陳代謝や頭皮のターンオーバーに働きかます。必要に応じてマッサージ用のブラシを活用し、1日に5分程度、頭皮に負担をかけないように行いましょう。
蒸しタオル
お肌のお手入れや、髪へのトリートメントの浸透を図るために用いられる蒸しタオルは頭皮ケアにも有効です。毛穴の汚れを浮かし、落としやすくします。
炭酸ヘッドスパ
サロンでのケアにも使われる炭酸水。自宅では、1週間から2週間に1度のペースがおすすめです。ブラッシングでほこりを落としたら、オイルでクレンジング。シャンプーとトリートメントの間に頭皮を炭酸水に浸しましょう。
冬に向けて頭の臭い対策を考えるなら、まずは夏のダメージのリセットから。そして、自宅で取り組めるケアを続け、秋から冬にかけての乾燥によるダメージにも負けない、美しくしなやかな髪と健康的な頭皮をキープしましょう!