夏のエアコンはカビが発生しやすい環境。放っておくとにおいや汚れだけではなく、家族の健康をおびやかす危険もあります。冷房運転の季節が終わったら、来年の夏のためにメンテナンスをしておきましょう。秋はエアコン掃除の季節です! 

エアコンは冬より夏が汚れやすい

夏の初め、久しぶりにエアコンをつけたらなんだか嫌なにおいがしたことはありませんか? 「去年の夏に使ったときには気にならなかったのに、なぜ?」と思いますよね。エアコンを使っていない期間に、エアコン内部でにおいの原因が増えてしまっていた可能性があります。エアコンのにおいの原因にはタバコや食べ物、体臭やペットなどが挙げられますが、放っておくと発生してしまうのがカビのにおいです。
夏のエアコンはカビの天国
カビが好む季節は夏。乾燥している冬と違い、夏は湿度が高いですよね。一年中エアコンを使用している家庭でも、冬より夏のほうがカビは生えやすいのです。エアコンの中にカビが生えたまま冬を越すと、次の夏までにカビが繁殖してにおいも増してしうことになります

汚れたエアコンで健康被害も

カビが生えた状態のエアコンを使うと、吹き出し口からカビの胞子が部屋中にまき散らされてしまいます。部屋にカビが生えやすくなるのはもちろん、部屋の中で呼吸する家族の身体にもカビが取り込まれることに。カビが原因となって発症してしまうのが夏型過敏症肺炎。はじめは咳や発熱など風邪のような症状ですが、悪化すると呼吸困難を引き起こす危険な病気です。また、カビはアレルギーの原因にもなります。特に小さな子どもがいる家庭では深刻な問題です。家のエアコンを掃除せずに使い続けている限り、病気を治したり防いだりすることはむずかしいのです。
汚れを放置するとお財布にも打撃
エアコンの汚れはエアコンが本来持っている機能を低下させ、運転効率が悪くなります。エアコンの効きが悪くなるのはもちろん、電気代が無駄にかかってしまうと家計にも響いてきますよね。翌年に快適な夏を迎えるために、エアコン掃除は欠かせません。

エアコン掃除は順番がコツ

エアコンの掃除は手順さえ知っていれば意外と簡単にできます。用意するものは掃除機、小さめのタオル、中性洗剤、お風呂のシャワーの4つです。掃除を始める前にコンセントを抜いておいてくださいね。
フィルターは外側から掃除
エアコンのふたを開けるとまず目に入るのがフィルター。空気を吸い込む場所なので、外側のほこりが目立ちます。フィルターを外す前に、エアコンにつけた状態で一度掃除機をかけておきましょう。フィルターを外したときに舞うほこりを軽減できます。掃除機はブラシ付きのヘッドを使うとほこりが取りやすいですよ。フィルターを外したら、もう一度外側の面に掃除機をかけます。内側から掃除機をかけると、ほこりがフィルターの目に詰まってしまうので気をつけましょう。掃除機をかけたフィルターは浴室で内側からシャワーをかけ、残ったほこりを洗い流します。風通しの良い場所でしっかりと乾燥させましょう。
吹き出し口は丁寧に拭く
エアコンの風が出てくるルーパー部分は、タオルを指や棒に巻き付けて拭き掃除します。中性洗剤を薄めてタオルに染み込ませるときれいに拭き取れます。仕上げに水拭きをして洗剤が残らないようにしてください。
仕上げのポイントは送風運転
フィルターとフタを元に戻したらコンセントを差し、送風運転をします。2時間ほどで、エアコンの内部まで乾燥させることができます。このときに窓を開けて換気をしておくと、湿気やカビが部屋にこもるのを防ぐことができます。

エアコンは早めの掃除が大事

カビは放っておくと増えてしまう厄介なもの。エアコンの中がカビだらけになってからでは掃除も大変です。冷房を使い終わった秋に、定期的に掃除をするように習慣づけましょう。来年の夏、冷房を使いたいときにすぐに快適に使えるように、今のうちにきれいにしておきたいですね。