あいかわらずの猛暑。体の水分が不足すると熱中症のような重篤な健康問題が起こりやすくなりますが、体臭もきつくなることをご存じですか? 酷暑に負けず、この夏を健やかに気持ちよく過ごすために知っておきたい水分と栄養補給の方法をご紹介します。

どうして水分が不足すると体臭がきつくなるの?

汗染みや汗の臭いを心配して、汗をかきたくないからと水分補給をためらってはいませんか? 人は汗をかくことで体温を下げるので、気温や湿度が高い場所では大量に汗をかくのです。ところが、汗をかいているのに十分な水分補給ができないと脱水症状を起こしてしまいます。そして、脱水症状が重症化すると体温調節機能が働かなくなり、汗は止まります。水分補給を少々控えたくらいでは、汗は止まりません。
汗のおよそ99%は水分で汗自体は無臭とされていますが、尿素やナトリウムをはじめとするミネラル、芳香化合物といわれる悪臭を放つ化学物質をわずかながら含んでいます。体臭の「汗臭さ」は主に、汗に含まれる老廃物が皮膚に存在する雑菌によって分解されることで発生するもの。体内の水分が不足すると含まれる老廃物の濃度が高まり、ベタベタとした汗が分泌されます。高濃度の汗が雑菌に分解されることで、臭いはきつくなるのです。

何をどう飲む?効果的な水分補給のポイント3つ!

体臭の原因になりにくいサラサラした汗にするには十分な量の水分補給が欠かせませんが、ただ多く取ればいいというものでもありません。
1. 補給はこまめに!
厚生労働省によると、成人が1日に必要とする水分量は2.5L。このうち、1.3Lは食事や代謝によってまかなわれるため、水分補給の目安は1日1.2Lとされています。取り過ぎた水分は尿として体外に排出されてしまうため、一度に1.2Lを摂取するのではなく数回に分けて取るようにしましょう。
タイミングは、基本的にのどの渇きを感じたときでよいのですが、常温の水をコップ2杯、起き抜けに摂取することと入浴前後の補給は特に推奨されています。
2. 利尿作用の強いものを避ける
利尿作用の強いもので水分を補給してしまうと、せっかく補った水分が尿として排出されやすくなります。汗の質の改善を期待するならば、栄養ドリンクや缶コーヒー、紅茶など利尿作用の強いものは避けましょう。
3. 緑茶パワーで相乗効果をねらう
緑茶にはカフェインが多く含まれているため利尿作用があるものの、体臭対策としておすすめの飲み物のひとつです。これは、茶カテキンというお茶の苦味や渋み成分によるもの。芳香剤のように、臭いをニオイで消すのではなく、臭い成分を化学的に中和したり抗酸化作用によって酸化臭を抑えます。飲み過ぎは禁物ですが、緑茶パワーを上手く活用しましょう。
緑茶は口臭対策にも効力を発揮します。緑茶の口臭予防効果については、こちらもぜひ参考にしてください。香り高い新茶の季節!緑茶パワーで口臭対策

体臭改善のために十分に補給したい栄養素

体臭を改善するには、水分とあわせて補いたいのが体臭に関わる栄養素です。特に、亜鉛、鉄分、タンパク質の不足に注意しましょう。
亜鉛不足は「ピロルリア」の原因となります。これは、ピロール尿症ともいわれる病気で、体内で必要な栄養素が不足し、気分障害や体臭が出ることがあります。ピロールは、自体にも特有のにおいがあり、体臭やワキガの原因になるといいます。
貧血の原因となる鉄分不足。貧血になると酸素が十分に行き渡らなくなり、エネルギー不足に陥ります。タンパク質が不足しても、同様にエネルギーの不足を招きますが、こうなると、汗に含まれるアンモニアの濃度が高まり、ベタベタとした質の悪い汗をかきやすくなってしまうのです。
体臭と食生活との関係についてはこちらにも。「食べ物を変えれば体臭も変わる。毎日の食生活を見直して無理なく体臭対策!」体臭改善のヒントがつまっています。
最近気になる体臭の原因は、もしかしたら水分不足のせいかもしれません。しっかりと水分を取れば臭いの原因であるベタつく汗は、健康的なサラサラ汗に変わります。こまめに水分を補給して、体臭の改善を試みましょう!