春先からドラッグストアの店頭には制汗剤コーナーができします。夏に向けて「制汗剤は手放せない!」という人も少なくないはずです。でもその制汗剤、使い方は合っていますか? 制汗剤で肌が荒れたり、場合によっては体臭がきつくなってしまったりすることもあるので注意が必要です。まずは制汗剤の仕組みをきちんとおさえて、正しい使い方をしましょう。

制汗剤ってそもそもどんなもの?

制汗剤にはスプレータイプやローションタイプ、ロールオンタイプなどいろいろな商品があります。使用方法は違いますが、そのはたらきはどのタイプでも大きく分けて2つ。汗が出てくる汗腺にフタをして汗を止める収れん作用と、においのもとになる菌を減らす抗菌作用です。
収れん剤としては金属塩がよく用いられます。汗に含まれるタンパク質と反応して固まり、汗腺のフタをします。
抗菌剤はパラベンなど、さまざまな種類のものが使われています。近年では銀の成分やカテキンなどを含んだものが売られています。抗菌剤として何を含むかということは、他製品との差別化や宣伝効果に大きく影響しています。
収れん剤と抗菌剤のほか、においの不快感を軽減させたり商品に個性をつけたりするために香りの成分を加えてあるものがほとんどです。

制汗剤にはデメリットも

汗が出るのは人間にとって自然で必要なサイクルです。汗腺にフタをして汗を閉じ込めてしまうことは肌にとっては大きなストレス。詰まった汗腺が黒ずみになったり、炎症を起こしてかゆみが出たりすることもあります。汗は身体から老廃物を流し出す役割も持っていますが、汗を閉じ込めると老廃物も出てこられません。溜まった老廃物は時間が経つと、においのもとに変わってしまいます。
制汗剤に含まれる金属塩による肌トラブルも報告されています。また、かゆみやかぶれといった症状が出ますので、肌の弱い人やアトピー性皮膚炎の人は注意しなければいけません。
さらなるにおいを招く危険
殺菌剤はにおいの原因菌だけでなく、肌に必要な常在菌も減らしてしまいます。肌にいる菌のバランスが大きく崩れると、普段は何もしない菌が異常繁殖し、ワキの雑菌よりもさらに強いにおいを放つこともあります。
もうひとつ気をつけたいのが制汗剤の香り。良い香りのものを選んでも、時間が経つと汗のにおいと混ざって香りが変化してしまい、スメルハラスメントの原因になってしまいます。

つけすぎやつけっぱなしはNG

制汗剤の使用は汗の多いワキなど局所的な使用にとどめるのが良いでしょう。また、長時間つけたままにしないことも大切。こまめに濡れタオルやウェットシートで拭き取るようにしましょう。そうすることで肌トラブルが起きにくくなりますし、雑菌の繁殖も減らせます。つけ直すときにも重ねづけせず、一旦拭きとる習慣をつけたいですね。
肌へのストレスを考えて、休日は制汗剤もおやすみして肌を休ませあげましょう。それが難しい場合は、夜寝るときだけでも制汗剤を洗い流してからベッドに入ることをおすすめします。
健康的なにおいケア
体臭が気になる人は身体や汗のにおいをケアすることで制汗剤の使用を抑えられます。毎日湯船に入って汗をきちんとかくこと、ヘルシーな食生活を意識することなどで体臭が軽減するケースも少なくありません。簡単に取り入れられる、体臭対策のサプリメントを利用する選択肢もあります。
忘れてはいけないのは、汗をかくのは身体にとって正常な機能だということ。きちんと汗をかいてワキパッドで吸い取るというように、無理やり汗を止めようとするのではなく健康と清潔さを第一に考えるようにしましょう。

制汗剤に頼りすぎないで

制汗剤は、汗やにおいを完全に止めるためのものではありません。制汗剤は全身にたくさんつければ良いというものではありません。過度な使用によって肌トラブルを起こしてしまうこともあります。あくまでも汗や体臭対策のサポートとして使用するようにしたいですね。