雨が続くこの時期は洗濯物を部屋に干すことが増えますが、生乾きの洗濯物の臭いは、乾いてからも服に残ってしい気になりますよね? 乾燥機や浴室乾燥機を使っても臭うこともあります。部屋干し用の洗剤や柔軟剤を使ってもまだ臭う、そんなときに試してみたい対策法をご紹介します。

部屋干し臭の原因は?

不快な部屋干し臭の原因は、以下のように大きく3つにまとめられます。
1.洗濯物に残った汚れの変質による「酸化臭」
2.洗濯槽から洗濯物に移ったカビや汚れによる「酸化臭」や「分解臭」
3.カビや汚れをエサとして繁殖した雑菌による「分解臭」

きれいになったように見える洗濯物にも、洗い残した汚れがついていたり、洗濯槽の死角で繁殖したカビが移ってしまっていたりすることがあります。これらの原因による「酸化臭」や「分解臭」が解消されなければ、すてきな香りの柔軟剤をいくら投入しても嫌な臭いは消し去れません。香りで臭いをごまかそうとすると、混ざり合ったにおいによって不快度がさらに上がってしまうこともあるので注意しましょう。

部屋干し臭の3つの対策法!

部屋干し臭を根本的に解決しようと思ったら、臭いの原因に応じた対策が欠かせません。以下に、3つの原因それぞれに対するポイントをまとめました。

1.汚れをしっかり落とす
  いくら洗濯洗剤や洗濯機の性能が高くても、普通に洗っただけでは落としきれない頑固な汚れは存在します。汚れが気になる時は、洗剤を入れて「洗い」の工程を行う前に、水のみ、または少量の洗剤を入れて洗う「予洗い」や、洗濯機に入れる前に部分的に汚れを落としておく「部分洗い」を行えば汚れ落ちがよくなります。
2.洗濯槽からのカビ移りや汚れ移りを防ぐ
  せっかく、予洗いや部分洗いを行って汚れをしっかり落としても、洗濯槽からカビや汚れが移ってしまったのでは台無しです。洗濯槽は定期的に清掃しましょう。
3.雑菌を繁殖させない
  洗濯の前に漂白剤に30分ほど漬けてから洗うと殺菌効果のために菌を減少させられますが、除菌作用のある除湿器や除菌スプレーの活用がおすすめです。植物由来の食品素材でつくられた消臭除菌剤「消臭除菌の神様」についてはこちらをご覧ください。

室内の洗濯物を早く乾かす技5選!

部屋干し臭の原因菌といわれる「モラクセラ菌」はヒトの口腔や上気道の粘膜に常在している菌。生活空間は無菌室ではないため、どんなにきれいに洗いあげた洗濯物にも菌は付着しています。雑菌の繁殖には水分が必要なので、乾くのに時間がかかるほど菌は繁殖してしまいます。室内に干した場合に洗濯物の臭いがきつくなるのは、紫外線による殺菌効果があまり期待できないうえ、乾くのに時間がかかってしまうためです。洗濯物をできるだけ早く乾かすために試してみたい工夫を5つご紹介します。

1.徹底的に脱水する
  ・全自動で洗濯が終わったのち、再度、脱水の工程を行う
  ・乾いたバスタオルに挟んで水分を吸収させる

2.ピンチハンガーやスラックスハンガーを利用して風通しよく干す
  ・長いものを外側に短いものは内側に干す、または、長短交互に干す
  ・厚手のものと薄手のものを交互に干す

3.バスタオルやシーツなどの大物は、洗濯バサミを使ってジグザグと蛇腹になるようにつるす
  ・長袖の服やフードのついた服は逆さにつるす
  ・風を当てたり空気の流れをつくったりする
  ・エアコンや扇風機の風を当てる
  ・「扇風機と除湿器」や「扇風機と換気扇」を組み合わせて風が洗濯物の間を通るようにする

4.熱を利用する
  ・洗濯物が湿った状態でアイロンをかける
  ・底の両角を切り空気穴をつくったビニール袋に洗濯物を入れ、ドライヤーの温風を当てる

5.浴室を乾燥室にする
  ・30分ほど換気扇を回し浴室の湿度を下げてから洗濯物を干す
  ・床にシワシワにした新聞紙を敷く
  ・浴室で扇風機や除湿器を利用する

部屋干し臭は香りでごまかそうとせず、原因を元から断つのが対策のポイントです。
梅雨どきに大活躍の除菌スプレーは部屋干し臭対策にもおすすめです。うまく活用して梅雨を快適に過ごしましょう。