もうすぐ初夏ですね。初夏といえば「新茶」がおいしい季節です。香り高く、安らぎを与えてくれる緑茶の口臭予防効果と緑茶をいれたあとの茶葉を利用したニオイ対策術、おいしい緑茶レシピをご紹介します。

緑茶が口臭に効く?

さまざまな健康効果が注目される緑茶は、口臭予防効果も期待できるといわれています。
緑茶を飲むことで口臭対策になる理由のひとつに、口の渇きが解消されることがあります。だ液には口腔内を浄化して臭いを抑える働きがあり、だ液の分泌量が減少すると口臭は発生しやすくなります。緑茶をこまめに飲めば、だ液の分泌量の減少を補うことが可能です。
そして、口臭対策に緑茶をおすすめする理由には、もうひとつ、緑茶に含まれる有効成分の存在があります。
緑茶の渋みの主成分である「カテキン」をはじめとする有効成分には抗菌効果や消臭効果が期待でき、これらは口臭の原因菌はもちろん体内からの臭いにも働きかけるといわれています。
また、緑茶に含まれるビタミンCには、イライラや不安感を抑えるホルモンの合成に使われ、うま味成分であるテアニンにはリラックス効果が期待できます。ストレスを緩和させることで体の内側から口臭に働きかけることもできるのです。
口内を潤すというひとつ目の理由だけであれば、緑茶に限らずどのようなお茶でも水でも構いません。しかし、抗菌効果や消臭効果が期待される成分の含有量はお茶の種類によって異なり、緑茶はこれらの有効成分を豊富に含んでいるのです。

たくさん飲んでもダメ!効果的な飲み方は?

口臭予防効果が期待される緑茶ですが、緑茶に含まれるカフェインには利尿作用があるため、だ液の分泌を抑えてしまい、飲み方によっては逆効果をもたらすと警告する歯科医もいます。しかし、緑茶にはカフェインの働きを抑制する成分も含まれているため、コーヒーに比べると緩やかにカフェインが作用するといわれており、過剰に飲みすぎなければあまり心配はいりません。緑茶を飲むことで口の乾きを感じたら、緑茶を飲んだあとに水を飲むといいでしょう。
緑茶のアレンジレシピ「梅干し茶」
毎日緑茶を飲むのは飽きてしまう……という方に、緑茶のアレンジレシピをご紹介します。作り方はいたって簡単で効果は倍増! 緑茶に梅干しをいれるだけで楽しめる「梅干し茶」では、梅干しの強い殺菌・抗菌効果と緑茶に含まれる有効成分の相乗効果が得られます。梅干しの酸味はだ液の分泌を促進し、口腔内を潤すのでお口の健康を守ります。

さらに、緑茶は飲むだけではなく「マウスウォッシュ」としても活用できます。臭いの気になる食後やタバコを吸った後など、緑茶を口のなか全体に行き渡らせるようにうがいをして吐き出しても、口臭を予防したり軽減したりする効果が期待できますよ。

最後まで無駄にしない!茶葉の活用術

お茶をいれたあとの茶葉、「出しがら」。出しがらにも消臭効果は残っているので、おいしい緑茶を飲んだあとは茶葉もとことん活用し尽くしましょう! 
 部屋の消臭剤……出しがらを乾燥させると消臭剤になります。部屋に置いておくだけで効果が得られます。
 キッチンの臭い消し……乾燥させた出しがらをフライパンで焙れば、調理後の気になる臭いを消せます。電子レンジの臭いには、耐熱容器に乾燥させた出しがらをいれて1分ほど加熱します。
 調理で手についた臭いを消す……出しがらを石けんのように使って手でこすり合わせるようにし、手を洗います。
 食器棚やタンスの臭い消し……乾燥させた出しがらを布や不織布に包み消臭剤にします。臭いをとるだけでなく、防虫材にもなります。
 畳の掃除……半乾きの出しがらを畳にまいてほうきで掃くと、畳のよごれと臭いを吸着してくれます。同様にして玄関の掃除に使うと、あまりほこりを舞い上げずに掃除ができます。
 床磨き……出しがらを古布に包んで雑巾のようにして床や柱を拭くと、除菌・消臭効果が期待できます(白い壁や家具には茶しぶのシミがついてしまうので注意が必要です)。
おいしい新茶は香りを楽しむだけではもったいない! 出しがらの茶葉まで活用し尽くしてしっかり臭い対策をして気持ちよく夏を迎えましょう。