陽気のいい日、じんわりと汗ばむようになり、なんだか臭うかも……と体臭が気になりだす人は少なくないようです。 体臭といえば汗をかく夏のイメージが強いですが、実は春のほうが体臭はきつくなるといわれています。その原因と対策をご紹介します。

春に体臭がきつくなる原因は?

汗を分泌する汗腺には「エクリン腺」と「アポクリン腺」の2種類があります。「アポクリン腺」はワキガの原因となる腺で、体温調節のための汗を全身から分泌するのが「エクリン線」です。
エクリン腺から分泌される汗の成分の99%以上は水分ですが、汗をかきにくい冬には汗腺機能が低下しがちになります。春になってじわじわと汗をかくようになっても、汗腺機能の回復が間に合っていないと体臭の原因となる質の悪い汗が分泌されてしまうことに。
質の悪い汗には、塩分をはじめとするミネラルや尿素などが、十分に血液へと再吸収されないままとり残されています。べたべたとした濃い汗は汗腺が詰まりやすく、蒸発しにくくなります。さらに、ミネラルを含んだ汗は放っておくと皮膚表面をアルカリ性にし常在菌が繁殖しやすくなり、強い臭いを発する原因になるのです。

汗腺トレーニングで臭いを予防する

春の体臭対策には汗腺機能の回復によって、汗の質を改善する必要があります。汗腺機能が低下したまま放っておくと、体臭の原因となるだけでなく、夏本番を迎えたときに発汗によって十分な体温調節が行えず、熱中症のリスクまでも高めてしまいます。
冬に眠っていた汗腺機能を汗腺トレーニングで目覚めさせましょう!
汗腺トレーニングにはいくつかの方法がありますが、ここでは半身浴と足湯をご紹介します。
足湯トレーニング
45℃くらいの我慢できる程度の熱い湯に足先をつけることで交感神経を刺激し、発汗をうながします。汗腺機能の向上はもちろん、血のめぐりがよくなるのできれいな汗をかくことができます。
半身浴で汗をかく
自宅で手軽にでき、お湯の温度が低いため、体への負担も少ないのがポイントです。
38~40℃くらいのお湯を、胸の下あたり、心臓よりも下までがつかるように湯船に用意します。入浴時間は1回20~30分が目安。入浴前、入浴中、入浴後と、意識して水分を十分に補給して、十分な発汗をうながしましょう。

普段の生活で心がけたいこと

汗腺トレーニングにつながる生活習慣はほかにもあります。
最も効果的なのは、適度な運動を定期的に行うことです。運動によって血行がよくなり、代謝も高まるので汗腺機能が向上するだけでなく、体内の老廃物がより効率よく排出されるようになります。
汗腺トレーニングには、筋肉への負荷の大きな無酸素運動よりも、ある程度の時間続けられる程度の適度な負荷で行う有酸素運動のほうが適しています。
かいたばかりでは無臭の汗も、放っておくと「酸化臭」や「分解臭」の原因に。運動でかいた汗はもちろん、日常生活でかいた汗もなるべく早く拭き取りましょう。乾いたタオルでも汗の水分を拭き取ることはできますが、汗に含まれたミネラルや老廃物を原因とする「べたつき」は肌に残りがち。汗を拭く際にぬれたタオルで拭き取るようにすると、べたつきまでしっかり拭き取れます。臭いの予防には清潔を保つことが重要です。汗を拭き取ったらデオドラント剤を使い、乾燥させましょう。
デオドラント剤を使うタイミングでは、わきの臭いが気になる人は、汗をかく前に使うとより効果的に臭いを抑えられます。
冬に眠りについていた汗腺機能は夏本番を迎える前に目覚めさせて、さわやかな春を過ごしましょう。