子どもの口の臭いは一時的なものならば心配ありませんが、続く場合は何らかの病気が隠されているかもしれません。
子どもが友達から心無いひとこと言をかけられる心配もあるので、早めに対処してあげることが大切です。

口呼吸になっている

「うちの子、よく口が開いたままになっているな」と思うことはありませんか? 口を開けたままでいると口の中が乾くのは、自然なこと。唾液は口の中の雑菌を洗い流す働きを持つため、口の中が乾燥して唾液が減ると雑菌が唾液によって流されずに残り、繁殖することで臭いを発します。そのため、口呼吸の多い子どもは口臭の問題が起こりやすいのです。
この場合の口臭の原因は、口を開けっぱなしにする癖や、鼻に疾患があって鼻で呼吸できていないことが考えられます。無理に口を閉じるように促すのではなく、鼻づまりがないかどうかについても注意して確認してあげましょう。
もし、口臭がある日突然発生して治らない場合には、耳鼻科の病気や呼吸器系の病気の可能性があります。口臭に気付いたときには、まず小児科を受診して相談するようにしてください。

口の中に異常

「きちんと歯磨きしているのに口臭がする」と感じたことはありませんか? その原因は、実は虫歯や歯肉炎などで臭いが出てしまっている可能性があるので注意が必要です。ひとりで歯磨きができる年齢であっても、定期的に口の中の様子を見てあげるようにしましょう。毎食後、きちんと歯磨きをしていても、自分自身では隅々まで磨くことができず、汚れが蓄積しているかもしれません。
汚れが残っているときには、一緒に口の中を鏡に映して見ながら仕上げ歯磨きすると、子どもにも磨きにくい部分があることを知ってもらうことができます。フロスなども上手に活用しながら、歯の磨き残しのないようにサポートしましょう。ひとつ注意したい点は、子どもの舌にはブラシをしないことです。舌の構造上、汚れが残っているように見えるだけですので、歯ブラシなどで磨くことは舌に傷をつけてしまうこともあるので絶対にやめましょう。舌に傷がつくと痛みがあるだけでなく、炎症が起こるとより一層口臭が強まってしまう場合があります。
口臭が「少しずつ強くなる」「あったり無かったり」という場合には、まず子どもの口の中に虫歯や歯肉炎がないかどうかよく観察してから、小児歯科を受診して相談するようにしましょう。

風邪・おなかの不調

子どもの口臭は、風邪の菌や発熱が原因となっていることもあります。これは、細菌やウイルスに感染することで、体全体の免疫反応が低下してしまっているためです。このことで口の中の細菌の活動が活発になり、気になる臭いを作り出してしまいます。また、熱が出ると体は脱水症状を起こしやすくなります。脱水症状になると口の中も乾きやすくなり、口臭を強める原因を引き寄せてしまうのです。
そのほかにも、大人と同じように、おなかの調子が悪いと臭いが口臭にも表れます。これは、消化器系の不調で発生したガスが、吐き出す息に含まれるためです。特に便秘の場合は、臭いが強く出やすくなりますので、食事、運動、睡眠の生活習慣を見直して子どものおなかの調子を整えるようにしましょう。

大人のサポートが大切

子どもの口臭は、いろいろな体の不調が原因となっています。子どもは、大人のようにはっきりと体の不快感を伝えられないので、大人が早めに気付いてあげるようにしましょう。
家庭で子どもの口臭を解決できないときには、小児科や歯科を受診することは決して大げさなことではありません。専門家の力を借りながら、子どもにとってストレスの少ない方法で口臭をできるだけ早く解決していけるよう、周りの大人がサポートしてあげてください。