こまめに洗濯した服を着る夏とは違って、冬は洗濯せずに着る衣類が増えます。コートやジャケット、ストールなどの臭いが、周りの人には体臭と勘違いされているかもしれませんよ。

冬の服はなぜ臭う?
エレベーターや電車の中など、他人の衣類の臭いが気になる冬。そもそも、どうして冬の衣類は臭いやすいのでしょうか。
暖房で汗をかく
寒いとはいえ、電車やお店の中など、暖房が過剰に効いていると感じることはありませんか? 人が多い場所で上着を脱ぎ着することに抵抗があったり、重く厚いコートが荷物になるのも嫌だったりと、ついつい暑いのを我慢してしまいがち。そんな時、コートの中では意外とたくさん汗をかいているのです。
汗のケアを怠ってしまいがち
夏と違って、冬は汗をかいていてもそれを自覚しにくいもの。気温が低く汗がひきやすいので、夏と違って不快感が少ないためか、汗に対するケアや対策は手を抜いてしまいがちです。しかし、いったん汗をかいたら衣類には確実に付着し、時間がたつと臭いの原因になっていきます。
湿気がこもりやすい
冬の服は寒さを防ぐため厚みがあり、通気性が悪いものが多いです。その分、汗や空気から吸った湿気が逃げにくく、臭いの元となる細菌が繁殖しやすい環境になっています。
洗う頻度が低い
夏は着たシャツを毎日洗濯しますが、冬服は厚物が多く、洗う回数が少なくなります。コートなど自宅で洗いにくい衣類はなおさら。洗う頻度の低い衣類を重ね着していては、臭いが気になっても不思議ではないですね。

シーズン中の臭い軽減ケア
衣替えのタイミングでクリーニングに出すことも大切ですが、冬の間臭いを気にせず過ごすには、日常的なお手入れが不可欠です。とくに脱いだときにケアするのが効果的です。
風を当てる、振る
1日分の臭いを家に持ち込まないために、家に入る前に玄関の外でコートを脱いでバサバサと強く振りましょう。風を通すことで湿気も一緒に飛ばせます。家の中では、風通しの良い場所に吊るしておくとよいでしょう。
ブラッシング
ブラシをかけると、汚れや臭いの定着を防げます。特に襟や袖などの汚れやすい部分は念入りにブラッシングしましょう。
スチームを当てる
蒸気で臭いを飛ばすのも効果的な方法です。シワも取れて一石二鳥。軽く霧吹きをしてからドライヤーの温風を当てるか、アイロンから出るスチームを当てます。お風呂上がりの浴室にかけておくのも簡単です。素材によっては熱や水分に弱いものもあるので、表示を確認して、目立たないところで試してから全体にやってみてください。スチームのあとは風通しの良い場所で湿気を飛ばすのをお忘れなく。
部分洗い
汚れが気になる部分だけを洗います。水に浸けるのではなく、洗剤液を染み込ませて絞ったタオルで叩くようにして汚れを吸い取りましょう。カシミヤなどのケバ立ちやすい素材は、こすらないように押さえつけます。そのあと、水で絞ったタオルで2~3回、洗剤が残らないように吸い取ります。

休ませることも必要
干しておくだけで臭いは少しずつ放出されて気にならなくなります。毎日のコートの扱い方を見直してみましょう。
家に帰って脱いだコートをそのままクローゼットに戻していませんか? クローゼットや押し入れは湿気や臭いがこもりやすく、移りやすいスペース。ほかの衣類を守るためにも、脱いだコートはいったん違う場所にかける習慣をつけましょう。翌日にはできるだけ違うコートを着るようにして、丸1日以上休ませます。
通勤時は汗をかいたり、人ごみにもまれたりしてさまざまな臭いを吸着してしまいがちです。オフィスの中など、着ていないときはできるだけハンガーにかけておきたいですね。

気持ちよく冬の服を着よう
押し入れに眠っていたような、こもった冬服の臭いは他人の物ほど気になります。スメルハラスメントという言葉もある今日では、まわりを不快にさせないような気配りも必要です。