介護において排泄物(便や尿)はどうしても下着や寝具についてしまうもの。このような排泄物の臭い対策はしていますか?
「きちんと洗濯しているのに臭う気がする」「日干しをしても臭いが残っている気がする」などの悩みを解消するために、排泄物の付着した下着や寝具などの臭い対策についてご紹介します。

排泄物の付着した下着や寝具が臭う原因

排泄物の付着した下着や寝具が臭う原因は、尿と便によって異なります。
 尿の臭い
尿は、水、ナトリウム、カリウム、タンパク質、糖、尿素、尿酸などの成分からできています。体の外に排泄された尿は、皮膚の常在菌や空気中にある雑菌などに反応し、アンモニアに分解されます。そのアンモニアが独特な尿の臭いの大きな原因となります。
 便の臭い
便は、消化された後の食べかすと腸内粘膜、腸内細菌からできています。食事内容はもちろんですが、腸内環境、咀嚼(そしゃく:食べ物をかみ砕くこと)、ストレスの状況なども臭いの強さに影響をあたえます。

尿、便のどちらの場合でも、下着や寝具などに付着すると、布地に存在する雑菌が、尿や便を分解するため臭い物質をつくり出します。また、それらの菌は尿や便をエサとし高温多湿の場所で活発に繁殖し、さらに臭いを強めるのです。

適切な汚れと臭いの落とし方

臭いを消すための洗剤はさまざまな種類が販売されていますが、安価で作れるミョウバン水は、特に尿の臭い対策に適しています。消臭対策に漂白剤を使うという人もいるかと思いますが、漂白剤だと回を重ねるごとに色落ちが気になることも。しかし、ミョウバン水なら衣類の色落ちや変色などの心配はありません。気軽に使える消臭剤としてミョウバンを常備しておくと便利です。洗濯前の漬け置き液として便利な方法をご紹介します。
■必要物品:焼きミョウバン30g、2リットルの空のペットボトル、水、洗濯物を浸しておくためのフタ付きバケツ
1.まずは原液を作ります。ミョウバンを空のペットボトルに入れた後、容器いっぱいに水を注ぎ、よく振ります。溶けずにボトルの下に溜まったミョウバンは1~2日で自然に溶けます。
2.バケツに水をはり、そこにおよそ100倍に希釈(ペットボトルのキャップ1杯程度)されるようにミョウバンを溶かした水を注ぎます。
3.尿で汚れた下着などを半日ほど浸した後、バケツの液ごと洗濯機に入れて一度洗剤を使用せずに「水洗い」します。
4.水洗いを終えたものは、その他の洗濯物と一緒に洗っても臭い移りしないため、普段と同じように洗剤を使って洗濯してください。
※通常の洗濯(すすぎの時)に、原液を50mlほど柔軟剤代わりに入れると、洗濯物の嫌なニオイを防ぐこともできます

下着や寝具の臭い対策

下着や寝具の清潔を保つことが一番の臭い対策になりますが、その他の方法もあります。
消臭スプレーを活用する
寝具やシーツを清潔にしていても便や尿の臭いが気になる場合には、手軽に使用できる「イオンクリア」や「安全素材の消臭・除菌の神様」といった商品を活用してみるのも一つの方法です。使用方法はとても簡単で、臭いの気になる寝具や下着などにスプレーするだけ。「イオンクリア」は洗濯できない布類やお手持ちの下着にスプレーをするだけで防臭服になります。「消臭・除菌の神様」は、わずかな時間で消臭と除菌を同時に完了できます。スプレーするだけで、臭いの原因物質をつくり出す菌をすぐに除菌し、その後も成分が残ることで消臭力が長時間持続します。の「消臭・除菌の神様」の成分は、植物由来であり、食品素材に用いられるものなので、エタノール、塩素系成分も不使用で安全です。。そのため、直接肌の触れる寝具や下着に使用しても安心ですし、生地の色落ちの心配がありません。すぐに洗濯できない時に悪臭を放つ洗濯物や、洗濯後の便や尿の残っている臭いに気付いた時など、こまめに「消臭・除菌の神様」を活用していくことが臭い対策につながります。

臭いのもとから対策を考える

ついてしまった臭いの対策をするのももちろん大切ですが、そもそもの臭いのもとから対策する方法も考えてみましょう。
便臭対策の消臭サプリメントの活用
便の臭いは、腸内環境の状況によって変化します。口から摂った食事は、消化器官で消化、吸収されます。その過程で、腸内に存在する悪玉菌が悪臭成分を発生させるため、悪玉菌の多い腸内環境の場合では、より一層便の臭いが強くなるのです。毎日の食事に気を付けていても便の臭いが気になる場合は、腸の中から臭いを抑える作用をもつサプリメント「FEクロロフィル」の活用をおすすめします。臭い対策には、サプリメントを続けることが大切ですので、1日1~2カプセルを目安に飲み忘れのないよう、食事の配膳などに添える工夫をしてみましょう。

臭い対策を万全にして心地よい介護を!

下着や寝具の清潔を保つことに加えて、洗濯のひと工夫、手軽に活用できる消臭除菌スプレーを活用する方法、サプリメントを活用して体の中から臭い対策する方法などがあります。いろいろな方法を組み合わせながら、介護される方もご家族の方も心地よく過ごしていけるよう、できることから臭い対策に挑戦してみてください。