衣替えの季節、タンスから冬物を出すと防虫剤の臭いが染みついてしまっていることはありませんか?「早く着たいのに臭いが取れない!」という事態は避けたいもの。
衣類の保存には欠かせない防虫剤ですが、その悩みの一つでもある強い臭いを解消する方法について紹介します。

防虫剤はなぜ臭う?

防虫剤は、その独特な臭いによって衣類を害虫から守ります。現在は、ピレスロイドなどを使用した無臭をうたった商品もあります。しかし、樟脳(しょうのう)やパラジクロロベンゼンなどは、その独特な臭いが防虫効果をもたらす反面、衣替えの時には衣類にもその臭いが染みつくため、臭いの悩みにもなってしまうのです。

防虫剤の臭いをとる基本の方法

防虫剤の臭いをとる基本的な方法をご紹介します。防虫剤のほとんどの成分は、揮発性のものですので、風に当てることで臭い成分の除去を促します。
O 風を通す
時間的な余裕のある場合には、2~3日の間、ハンガーなどに衣類をかけて風にさらしておくとようでしょう。
O 日干しする
寝具などの大きく厚みのあるものは、日光の力を活用すると臭い成分の気化を早められます。日干しする際には、色落ちや変色する可能性もありますので、製品の取り扱い表示を確認してから行うようにしてください。 

急いで防虫剤の臭いをとりたい時は

都合により急いで防虫剤の消臭をしたい時もあるかもしれません。そんな時の対処方法についてご説明します。
O ヘアドライヤーと紙袋を活用
この方法は、ヘアドライヤーの温風が防虫剤の気化を早め、紙袋を使用することでドライヤーの温風を効率よく衣類全体に当てられます。手順は次の通りです。
1.ヘアドライヤーと、衣類を入れられる大きめの紙袋を準備する
2,衣類をしわにならないようにたたんで、紙袋に入れる
3.ヘアドライヤーで衣類の状態を確認しながら偏りのないように温風を当てる
4.衣類のたたみ方や袋への入れ方を変えながら、臭いがとれるまでおこなう
注意点は、熱に弱い生地には温風を使用せずに冷風で行うことです。また、防虫剤の種類によっては急な気化によって生地にシミをつくる場合がありますので、取扱説明書を確認してください。衣類を傷めぬように必ず状態を確認しながら行いましょう。
O 蒸気を活用
防虫剤の臭い成分は、熱や水分に弱いという特徴があります。そのため、蒸気の活用で繊維の奥にしみついた臭いを浮き上がらせることができます。スチームアイロンを使用する場合には、生地には直接当てずに2~3cmほど離し、スチームだけを当てるようにしましょう。その後に数時間、風に通しておくとさらに消臭を高めます。入浴後の浴室に衣類をハンガーなどにかけて蒸気にさらす方法もあります。
O 冷蔵庫の消臭剤を活用
いろいろな方法を試しても臭いが気になる場合は、消臭したい衣類と冷蔵庫の消臭剤をビニール袋で密閉しておく方法があります。一晩ほどおいておきましょう。
O クリーニング
礼服など高価な衣類を確実に消臭したい場合には、クリーニングにだすとよいでしょう。現在は、消臭に効果的なクリーニングもあります。生地の状態や取扱い表示を確認した上で、依頼するようにしてください。

心地よく冬を迎えよう!

時間に余裕をもって取り組む方法や短時間でおこなう方法、家庭で手軽にできる方法やプロに依頼する方法などいろいろありますが、重要なポイントは大切な衣類を傷めずに消臭を行うことです。それぞれの方法の長所や短所をきちんと理解してから取り組むようにしてください。気になる衣類の臭い対策を万全にして、心地よく、そしてあたたかく冬を迎えましょう!