からだや衣類、環境などを清潔に保っていても、気になる臭いがなかなか解消しないということはありませんか? それはもしかすると「口臭」が原因かもしれません。口臭は本人が気付きにくい問題です。食事、入浴、移動の介助など、介護はからだを接近させることが多くあります。このため、口臭の問題を解消することはとても大切です。
口臭に気付いたときに、介護を受ける方を不快にさせることなく行える、口臭の解消や予防の方法とそのポイントをご紹介します。

口臭の原因は?

口臭はなぜ生じるのでしょうか? ここでは、ご高齢の方の口臭について確認してみましょう。
口臭の原因はさまざまですが、高齢者の口臭における一番大きな原因として挙げられるのが、唾液の分泌が低下するという生理的変化です。唾液は口腔内(口の中)の細菌を洗い流す役割をもつため、流されずに残った細菌が口腔内に溜ることで臭いの原因になります。さらに、利尿薬や降圧剤など、からだの水分の排出がうながされる薬を服用している場合は、薬の作用によって唾液の分泌が抑えられてしまうため、口臭が強くなることがあります。
また、ほかの口臭の原因としては、虫歯や歯周病、歯肉炎の悪化や進行が関係している場合があります。きちんと定期的に歯磨きなどのマウスケアを行っていても、その方法が不適切なために、きちんと汚れを取り除くことができていない場合もあります。口腔内の細菌の温床となりやすい、義歯(入れ歯)や差し歯のケアも要注意です。

マウス(口腔)ケアとポイント

マウスケアは、口の中を清潔に保つために行われる歯や舌のブラッシング、洗浄、清拭、保湿などをいいます。
口臭の解消や予防のために早速マウスケアに取り組みたいと考えていても、相手から「自分でできているから大丈夫」「毎食後に歯を磨いているから、汚れているはずがない」などと断られてしまうこともあるでしょう。そんなときには、「歯周病や歯肉炎になっていないか心配なので」「入れ歯がきちんと合っているか確認してみましょう」と相手を心配したり、思いやる気持ちを伝えたりしてみましょう。このような表現の工夫一つで、介護を受ける方を不快にさせることなく、スムーズにマウスケアが始められます。
マウスケアのポイントは、ブラッシングや清拭を食後などに定期的に行い、口腔内をできるだけ清潔に保つことです。マウスケアは唾液の分泌もうながしますので、高齢の方の口臭の解消や予防には一石二鳥の方法です。舌の乾燥が強い場合には、舌を上下左右に動かす、まわす、口の開閉を行うなどといった口や舌の体操を取り入れることでも唾液の分泌をうながせます。口や舌の体操を好まないときには、会話をしたり歌を歌ったりする機会を増やすことが体操の代わりになります。それでも口腔内の乾燥が改善しない場合には、普段行っているマウスケアの後に、薬局で購入できる口腔内専用の保湿剤を使用するのもよいでしょう。

口臭問題を解決して気持ちよく介護を

「毎日きちんと歯磨きをしているのに臭う」と感じている方は、マウスケアをぜひ試してみてください。介護は本当に忙しいものですが、口臭対策は毎日こつこつと継続することで効果があらわれます。食後にきちんとブラッシングとうがいを行い、食べカスを口腔内に残さないことが望ましいです。口腔内が乾燥している場合にはこまめな水分摂取やうがいを心がけ、必要に応じて口腔内専用の保湿剤も活用しましょう。舌や口の体操も唾液の分泌をうながすのには効果的です。