毎日のように使う電子レンジですが、扉を閉め切っていることが多いため、実はにおいがこもりやすいのです。そのまま使い続けると、においも汚れもどんどん取れにくくなってしまい、温めた料理ににおいが移ってしまうことも。電子レンジの簡単なにおい対策法を知って、早めのケアを実践しましょう。

電子レンジはなぜにおう?

そもそも、電子レンジの中のにおいはどうしてするのでしょうか?
においが強いものを温める
においの強いものを冷蔵庫に入れておくと、庫内やほかの食品にまでにおいが移ってしまうことがありますよね。電子レンジでも同じことが起こり、食品が温められる分、においはより強く出てしまいます。
油が庫内に舞う
食品を加熱すると、水分だけではなく油分も空気中に出てきます。その油分が電子レンジの中で舞って内壁にこびりつき、においを発するようになるのです。
食品がはねる
電子レンジは、マイクロ波によって食品を急激に温めます。加熱中に、卵などが爆発してしまった経験があるという人も多いのではないでしょうか? 爆発とまではいかなくても、沸騰し過ぎた液体がはねて、お皿の外にこぼれてしまうこともありますよね。はねたカスが庫内に残っている状態は、食品をそこで保管しているのと同じ状態なので、もちろんにおいの原因になります。
焦げ・腐敗
電子レンジの庫内に食品のカスが残されたまま時間が経つと、さらなる悪臭を引き起こす原因になります。放っておくと食品カスは腐敗しますし、繰り返し加熱されることで焦げて、焦げ臭さも感じるようになります。

チンするだけで消臭できる?

電子レンジに入れて温めるだけで消臭効果が期待できるものを、家庭にあるもののなかから紹介します。食品を入れる場所なので、薬品や洗剤ではなく食品を使ってきれいにできると安心ですね。
かんきつ類
オレンジやレモンなどのかんきつ類には、市販のエコ洗剤にも使用されている「リモネン」という天然の汚れ落とし成分が含まれています。掃除のために買ってくる必要はなく、食べ終わった後の皮だけをチンすれば大丈夫。かんきつ類の皮からオイルが出て汚れになじむので、加熱後はキッチンペーパーなどで庫内を拭き取りましょう。かんきつ類のフレッシュな香りは清涼感も与えてくれます。
茶葉・コーヒー豆
コーヒーやお茶に消臭効果があることは有名です。新しいコーヒー豆や茶葉をチンするよりも効果的なのが、コーヒーやお茶をいれた後の出し殻。乾燥した状態よりも湿った状態のほうが消臭効果は高いといわれています。出し殻をそのままお皿に乗せて加熱するだけで簡単に消臭効果が得られます。
重曹
家中のお掃除に大活躍の重曹。100mlの水に大さじ1杯程度の重曹を溶かして耐熱容器に入れ、数分間加熱しましょう。重曹が混ざった水蒸気が庫内の汚れを浮かせてくれるので、キッチンペーパーやふきんで拭き上げます。
お酢
同量の水と混ぜて数分間加熱し、庫内を拭いて仕上げます。お酢は抗菌効果も期待できるので、定期的なお手入れに最適です。

においを防ぐには

電子レンジの中をすっきりきれいにできたら、今度はにおいがつきにくい使い方をしましょう。日頃のちょっとした心がけで、お手入れがグンと楽になります。
ラップを使用
食品を加熱する際にラップを使用すれば、においも汚れも飛び散りません。繰り返し使える素材のものも販売されています。
使用後は換気
閉め切られた空間ではにおいがこもってしまいます。電子レンジを使用した後は少しの間、扉を開けておきましょう。

早め早めを心がけて

時間が経つほどにおいは定着して落ちにくくなるもの。早め早めのケアを心がけ、食品をこぼしてしまったり、汚れを見つけたりしたらすぐに拭き取る習慣をつけましょう。こびりつく前なら掃除も簡単です。