秋になりると、汗ジミが気になるほど汗をかくこともなくなり、体臭の悩みから解放されると思ったら大間違いです。秋は夏にも増して体臭が強くなるともいわれる、油断できない季節なのです。
夏ほど大量の汗はかかなくなるというのに、秋に臭いやすくなってしまうのはなぜでしょうか。気になるニオイの原因と対策をご紹介します。

秋に気になるニオイの原因は?

夏の体臭は汗のニオイではなく、汗を栄養源に繁殖した雑菌によるものです。汗腺から分泌された汗自体は無臭ですが、汗に含まれる脂肪やたんぱく質を皮膚の表面に存在する菌が分解することで、強いニオイを発するようになります。さらに、皮脂が酸化することでもニオイが発生します。
人の皮膚には常に菌が存在していますが、皮脂やあかなどの汚れがたまっていたり、湿った状態が続いたりすると菌は増殖し、汗の成分の分解が起こりやすくなるのです。
秋に気になるニオイの原因も同じく雑菌です。気温が25度以下になると過ごしやすくなりますが、ちょっとした運動でうっすら汗ばみます。夏はこまめに拭いていた汗、秋はどうしていますか?
また、臭うのは体だけではなく、服に染みついたニオイも一因です。気温が低くなるうえ天候が不安定になりがちで、干した洗濯物はなかなか乾きません。生乾きの洗濯物には菌が繁殖しやすく、ニオイの元になっります。

秋もデオドラント

夏が終わったからとデオドラント用品をしまい込んでいませんか? 秋の体臭対策も、基本的には夏と変わりません。体を清潔に保ち、汗をかいたらこまめにケアすることが重要です。人は、寝ている間に大人でコップ1杯ほどもの汗をかきます。寝ている間にかいた汗は起きぬけのシャワーで繁殖した雑菌とともに洗い流しましょう。さらに、抗菌・殺菌作用の強い制汗剤をつけ、消臭効果のある下着を着るようにすれば、よほど激しく体を動かしたり緊張したりしない限り、体が臭ってしまう状態にはなりにくいでしょう。汗をかきやすい人や日中によく体を動かす人は、念のために着替えやデオドラントシートを用意しておくと安心です。

服からのニオイを防ぐには

デオドラント用品を活用して汗を栄養素とした雑菌の繁殖を防いでも、服が原因となって臭ってしまうこともあります。昼間は仕事で夜にしか洗濯できないという人だけでなく、秋は天候が不順で部屋干しの機会がどうしても増えてしまいがち。
部屋干しの悩みの種といえば生乾きのニオイです。生乾きで雑菌が繁殖してしまうと、洗濯物が乾いてからも臭います。このニオイを防ぐには、部屋干し用の洗剤を使うのが効果的です。部屋干し用の洗剤は通常の洗剤と比べて殺菌効果が高いので、乾くのに時間がかかってもニオイを防いでくれる効果が期待できます。
また、汗でぬれたままの服を洗濯機に入れておくと雑菌が繁殖してしまうので、すぐに洗えないときはハンガーにかけて乾かしましょう。

秋のニオイにはジメジメ対策を

秋のニオイ対策には、汗や水分が乾きにくくなる季節であることを意識して取り組みましょう。うっすら汗ばむ程度でも、秋には風を通しにくい素材の服を着たり重ね着したりすることが増えるため、汗は乾きにくくなります。汗をかいたらこまめなケアを心がけることが重要です。
また、洗濯物も、一度繊維の奥にまで染み込んだニオイはなかなか取れません。ちょっとしたひと手間で、少しでも雑菌が繁殖しにくい状態にしておくことが大切です。