アロマテラピーは、発祥の地とされるヨーロッパで古くから健康の促進や維持のために活用されてきました。日本では、香りによるリラックス効果などが注目されていますが、今回は健康づくりに香りのパワーを活用する方法についてご紹介します。

アロマテラピーと香りの感じ方

アロマテラピーは、治療を目的に植物由来のエッセンシャルオイル(精油)を使用する療法であり、ヨーロッパでは正式な医療行為と認められている国もあります。このようにアロマテラピー発祥の地では、香りの力を健康づくりに活かすという考え方は大変自然なものなのです。
香りの仕組みについて
香りを感じとることができるのは、香りのもととなる化学物質が鼻にある嗅細胞を刺激し、その刺激が嗅神経、嗅球、脳(大脳辺縁系)へと伝わることで起こるといわれています。
香りを感じることは、「鼻」だけのことのように錯覚してしまいがちですが、この香りの刺激は脳に到達することではじめて「香り」と感じることができます。この刺激は、到達する脳の場所(刺激される場所)によってその作用が異なるそうです。
例えば、リラックス効果をもたらすことで知られているラベンダーの香りは、大脳の後頭部でα波の出現量を促すことでリラックスした状態をつくり出しています。ほかにも、香りにはホルモン分泌を整える作用、記憶力を高める作用、情緒を安定させる作用など、いろいろな健康づくりにつながるものがあります。

健康づくりにつながる香り

アロマテラピーは、実にさまざまな種類があります。そのなかで健康づくりにつながるといわれている香りをいくつか紹介しましょう。
 真正ラベンダー
ラベンダーは、さわやかなフローラルの香りをもち、自律神経を整える作用をもつため、深いリラックスや安眠をもたらします。安眠効果を得るために、就寝前にも使用できます。鎮静作用もあるため頭痛、筋肉痛、生理痛などあらゆる痛みを和らげたり、免疫力を強化させたりすると言われています。
 柚子
柚子は日本人にとってもなじみの深い香りであり、苛立った気を和らげ、気分転換をさせてくれます。また、血行を促すことで体を温める作用をもちます。そのため、柚子湯で知られるようにアロマバス、手浴、足浴などを行うとより体を温めることができます。冷え性の人におすすめの香りのひとつです。
 ティートリー
ティートリーは、シャープで清潔感のある香りで、抗菌、抗ウイルス作用をもちます。また、オーストラリアのアボリジニは傷や感染症を治す万能薬として用いていたといわれています。さらに、白血球を活発化させる作用効果ももつため、風邪やインフルエンザなどの感染症、花粉症への効果が期待されています。

苦手な香りはどうすべき?

健康づくりにつなげることのできる香りであっても人それぞれ好みが違うように、心地よかったり、不快に感じたりする感覚は異なります。もし、苦手な香りの場合はどのように考えていくとよいのでしょうか。

効果と好みは別物 香りに慣れていこう
オレンジの精油を用いたある実験では、脳波を調べると、対象者によってリラックスした状態のα波が増加した群、変化の無い群、β波が増加してストレスを感じた群の3タイプがみられたそうです。しかし、オレンジの精油のもつ血行を促す作用は体温の上昇の形となって、脳波の状況に関わりなく、どの対象者にもサーモグラフィー使用で変化が認められたとのこと。心地よいと感じても不快と感じても、あるアロマを嗅げば一定の効果が得られるのです。
「風邪予防をしたいけれど、ティートリーの香りは苦手」という方は、まずは使用量を少なくしたり、拭き掃除に使ったりするなど、大量・直接的に嗅ぐことがないようにしてみましょう。それでも不快に感じる場合は無理に使用する必要はありませんが、嗅覚の特徴として「臭いに慣れる」という現象がありますので、苦手な香りであっても徐々に気にならなくなってくることもありますよ。

健康づくりは香りを取り入れることから

香りを感じることは脳に刺激を与えることであり、香りのパワーで脳をバランスよく刺激していくことが健康づくりにつながるのです。香りの秘めるパワーは、未だに解明されていない部分もありますが、活用していかない手はありません。体質によっては精油が合わない可能性もあるので、無理せずに自分に合った形で香りのパワーを健康づくりに活かしていきましょう。