大切にすれば長く利用できるのが革製品の魅力です。しかしザブザブと水洗いができないため、長く使うほどにどうしてもにおいが気になるもの。革にはどんなにおいがついているのでしょうか? また、においを軽減するにはどうしたら良いのでしょうか?

革につくにおいは何のにおい?

革にまといつくにおいは種類も原因もさまざまです。まずは気になるにおいが何のにおいなのかを突き止めましょう。
 カビ
革製品につきものの悩みがカビです。革がやわらかく保たれるために必要な皮脂やクリームが、カビにとっては栄養となります。ここに湿気の多い保管条件が重なると、カビはあっという間に繁殖してしまいます。
目に見えるカビが発生していなくても、ぞうきんや下駄箱のような蒸れたにおいがしたら要注意です。雑菌が繁殖し始めており、放っておくとカビが生えかねません。
 香水やタバコ
インターネットオークションなどを利用して購入した中古品に多いのが、前の持ち主がつけたにおいに悩まされるケース。製品の古い新しいにかかわらず、以前の保管場所のにおいがそのまま移っていることがあります。
 革のなめし剤
革独特のにおいは好き嫌いが分かれやすいものです。このにおいはもともとの原料に由来するものというよりは、製品化する際に使用されるなめし剤や加脂剤からくるものといえます。これらは生の革を腐らせず、滑らかにするための作業に使わるために必要不可欠なものです。
 革本来のにおい
動物の革の主な成分はコラーゲンとタンパク質という物質で、基本的には無臭です。とはいえ動物の皮膚として機能していた部分ですので、若干のにおいが残っている場合もあるようです。また、万が一革の製造過程の処理が不十分だった場合、革に残った不純物や汚れが腐敗してにおいを発している可能性があります。

においを軽減する方法は?

多少のにおいは仕方がないとしても、手に取るたびに鼻につくようなにおいはどうにかしたいものです。自分自身が我慢できたとしても、周りの人にも不快感を与えたり、ほかの持ち物にまでにおいが移ってしまう可能性もあります。
 陰干し
どんな原因や種類のにおいであったとしても、とりあえず必要なのは風を当てることです。直射日光は避けて、風通しの良い場所で陰干しします。
すぐににおいが消えるという即効性のある方法ではありませんが、革メンテナンスの基本ともいえるケアです。においが気にならなくても、使用後などに意識して行いましょう。
 水拭き
「革に水は避ける」というのが基本ですが、カビが生えてしまった場合などは水拭きで落とせる場合があります。その際には水で濡らした布を十分に固く絞り、なでるようにそっと拭きます。ゴシゴシこすったり、ビショビショにしたりしないように気を付けてください。
 重曹・お酢
消臭効果が期待できるものとして、重曹やお酢を常備している家庭も多いのではないでしょうか。重曹は主に皮脂など酸性のにおい、お酢はたばこなどアルカリ性のにおいに効果的だといわれています。
重曹はネットなどにいれて革のバッグや靴に入れておくと、湿気を吸う働きもあります。水拭きをする際に水に少量のお酢を混ぜると、消臭だけではなくカビ予防効果も期待できます。
 専用クリーナー
革製品専用のクリーナーが市販されています。布に付けて拭くだけで良いものや、クリーナーと専用の保護クリームを使用するタイプなどさまざまな種類があります。用途や革の種類に合わせて選びましょう。
抗菌成分を含んでいたり、革をやわらかくしてツヤを出したりする成分を含むものが多いので、継続的なメンテナンスにもおすすめです。
 クリーニング
自宅でのケア方法もあるとはいえ、リスクはつきものです。シミや乾燥、ひび割れなど、一度ダメージを受けると修復が難しいのも革製品の弱点といえるでしょう。コストがかかっても確実にケアしたい人には専門家の手にゆだねることをおすすめします。適切なケアは革の寿命を延ばしてくれるので、長期的に見れば賢い選択ともいえます。

長く愛用するためにケアを

しつこいにおいは気になりだすと余計に鼻についてしまい、愛着も薄れてしまう……ということになりかねません。いつでもそばにあった大事な革製品。においが原因でいつの間にか手に取らなくなってしまうのは悲しいものです。ケアの方法を知って、いつまでも愛用したいですね。