「体が臭う」というと、普通は汗の臭いや、汚れからくる臭いを連想しますが、実は体のどこかに異常が起きている場合も独特の臭いを発することがあるのです。なかには糖尿病や腎臓病など、恐ろしい病気が隠れている場合も……。病気ごとの臭いの特徴や対処法について、早期発見のためにもぜひ覚えておいてください。

臭いが出る病気と特徴

糖尿病
体から甘酸っぱい臭いがしたら、糖尿病の疑いがあります。この病気が発症すると、インスリンの機能が弱まって糖の代謝がうまく進まなくなり、代わりに脂肪をエネルギー源として使うようになります。この時、「ケトン体」と呼ばれる物質が血液に乗って体中を駆け巡り、臭いが発生するのです。
腎臓病
腎臓の機能が衰えると、体内でアンモニアを無害化する働きがうまくいかなくなります。その結果、本来であれば体外へスムーズに排出されるはずのアンモニアが体内に溜まってしまい、それが汗に混じって臭いを発するようになるのです。
肝臓病
肝臓は非常に丈夫な臓器ですが、なんらかの原因で機能が低下すると臭い物質を分解できなくなり、ドブやカビのような臭いが汗と一緒に排出されるようになります。

臭いに気づいた場合の対処法

もし、自分の体臭がいつもと違うと感じたら、どのように対処していけば良いのでしょうか? まずは、特に自覚症状がなくても病院で検査を受けてみることが大切です。思わぬ病気が隠れている可能性もあるため、その場合は、1日も早く治療を始めなくてはいけません。
迷ったらとりあえず総合病院へ
どの病院で診てもらえば良いのかわからないときは、総合病院へ行ってみましょう。初めは内科で診てもらうパターンが多いと思いますが、その結果「ほかの科も受診したほうが良い」ということになれば、わざわざ別の病院を探さなくても一度に検査を終えることができるので便利です。くれぐれも、自己判断で放置するのだけはやめてください。

臭いを改善するための生活習慣

病院でなんらかの異常が発見された場合は、その治療も続けつつ、日常生活の中で体が臭わなくなる工夫をしてみましょう。問題が根本的に解決されるわけではありませんが、何もしないよりは臭いにくくなるでしょう。
運動や入浴でしっかり汗をかく
運動不足が続いていたり、お風呂をシャワーだけで済ませたりしていると、だんだん汗腺の機能が衰えてきます。すると、体の中に老廃物や毒素が溜まりやすくなって、汗をかいた時に強い臭いが発生するのです。こまめに運動したり、湯船に浸かったりして日常的に汗をかくと、汗腺が鍛えられて「サラサラの良い汗」がかける体質に生まれ変わります。エアコンなどで体を冷やしすぎるのも良くないので、温度調節にも気を配りましょう。
食生活を見直してみる
日ごろから肉類や油ものを多く食べる人は、腸内の悪玉菌が増えて嫌な臭いのガスが発生しやすくなります。この臭い成分は血液に乗って全身に運ばれるので、体臭の原因となるのです。
腸内環境を整えるには、食物繊維の豊富な野菜や乳酸菌を多く摂ることが大切。昔ながらのヘルシーな和食は日本人の体質にも合っているのでおすすめですよ。
しっかりと睡眠をとる
睡眠不足が続くと、成長ホルモンがうまく働かなくなってターンオーバーのサイクルが乱れます。すると肌の表面が酸化しやすくなり、これが体臭につながるのです。
できれば夜10時にはベッドに入るのが理想ですが、それが難しい場合は、せめて日付が変わるころまでには眠るようにしましょう。

体の臭いは異常のサイン! 長く続くときはすぐ病院へ

汗をかいたときとは違う臭いがいつまでも消えないときは、体になんらかの異常が起きている可能性があります。放置するとますます悪化するので、早めに病院で診てもらいましょう。また、毎日の生活習慣が臭いを強くしてしまっているケースもあるので、規則正しい生活を送ることが大切です。