体や頭の臭いを気にする人はたくさんいますが、顔の臭いを気にかけている人はどのくらいいるのでしょうか? 顔にも汗腺があって、汗をかいたり、皮脂が出たりするため、全く臭わないということはありません。女性の場合は、普段のお化粧でにおいやすい環境をつくってしまっているかもしれません。完璧な臭い対策の仕上げとして、これからは顔のデオドラントにも気を配りましょう!

顔が臭う主な原因とは?

顔が臭う主な原因は、汗や皮脂で汚れた肌に雑菌が繁殖し、その雑菌が臭いを発生させるからです。特に気温や湿度の高い夏場は雑菌が繁殖しやすくなるので、常に清潔を保つようにしましょう。ただし、洗顔のし過ぎは肌の乾燥を招き、かえって雑菌のエサになる皮脂の分泌が過剰になってしまいます。洗顔の回数は、朝晩の2回で十分です。
食生活の内容も、顔の臭いと密接に関わってきます。普段から肉類や揚げ物などこってりしたメニューを選ぶことが多い人は、皮脂が出やすい体質になっています。なるべく野菜中心の食事に切り替え、皮脂量をコントロールしていきましょう。
また、口の周りには食べたものの汚れが付着しやすく、それが臭いのもとになることも。特に、髭を生やしている男性は要注意! 食事の後は必ずナプキンやハンカチで汚れを拭い、鏡を見てチェックする癖をつけましょう。

女性は化粧品の香りに要注意!

化粧品を使う楽しみの1つに「良い香りでリラックスできる」という理由があります。しかし、この人工的な香りで、気分が悪くなっている可能性も。香りが強すぎる化粧品の使用を控えることはもちろん、複数の香りが組み合わさることで不快なにおいになってしまっていることもあります。アイテムの組み合わせ方にも気を配りましょう。
また、化粧品自体も酸化することにより臭いを発するようになります。一般的な化粧品の使用期限は約半年~1年ほどなので、使いきれるサイズのものを購入し、なるべく早く使い切りましょう。ファンデーションを塗るためのスポンジやアイシャドウ用のブラシなどは汗や皮脂が付着しやすく、雑菌が繁殖しやすい環境にあります。汚れたスポンジやブラシはこまめに洗い、風通しの良い日陰で十分に乾かしてから使いましょう。

洗顔や生活習慣にも気を配ろう!

顔の臭いを防ぐには、正しい洗顔で肌の清潔を保つことが大切です。メイクをした日は必ずクレンジングできれいに落とし、洗顔をしましょう。この時、あまり洗浄力の強すぎるクレンジングや洗顔料を使うと肌が乾燥してしまうので、マイルドな処方で作られた保湿力のあるものを選ぶことをおすすめします。洗顔後は、化粧水や乳液を使ってしっかり保湿してあげてください。
そして、規則正しい生活習慣も大切です。野菜たっぷりの食事を取り、睡眠を十分にとるりましょう。ストレスをためないことも重要! 精神的発汗による汗はベタベタして臭いやすいので、リラックスを心がけましょう。

顔の臭いをケアしてさわやかな毎日を過ごそう!

顔の臭いは自分ではなかなか気づきにくいものですが、周りの人は案外気がついているものです。特に、日常的に化粧をする女性や、ホルモンの影響で皮脂が出やすい男性は、知らないうちに迷惑をかけている可能性も。清潔を保つことや生活習慣を整えることに気を配り、臭わない生活を目指しましょう。