家族全員が使うトイレ、掃除は行き届いていますか? 毎日必ず使うのでこまめに掃除をしてもすぐに汚れやすく、臭いには気付きにくい場所。反対に、自分がよそのおたくにお邪魔してトイレを借りるときには、その臭いには敏感になってしまいますよね。来客があっても不快感を与えないように、見逃しやすい臭いの元をチェックしましょう。

1.便器 磨き方の癖が出る便器の汚れ

頻繁に掃除していても気を付けたいのが、便器の内側の目に見えない部分です。フチ裏は汚れが残りやすいので気を付けて磨いているかもしれませんが、手鏡などを使ってフチ裏を見てみてください。予想以上に汚れが溜まっていることにショックを受けるかもしれません。
そして、意識して丁寧に磨いている人ほど、その汚れのつき方にかたよりがあるはずです。それは、磨き方の癖によるもの。毎回、同じ人が、同じ手で同じブラシを持つため、利き手や手首の使い方によって同じ部分を磨き残してしまうのです。
きれいに落とすためのポイント
フチ裏の汚れの原因は、はねた尿が固まった尿石や、タンクなどから入ってきたサビです。放置するとどんどん落ちにくくなりますので、気付いた時に対策をしましょう。
ゴム手袋をはめた手で洗剤を直接塗り、少しおいてからブラシでこすります。このとき、いつもの癖が出ないように意識して均一に磨いてください。これでも落ちない場合は、研磨効果のあるナイロンスポンジやサンドペーパーを使用します。便器に傷をつけないように、注意して少しずつ試してみましょう。
磨き方の癖で汚れをためないように、家族みんなでトイレ掃除を交代で行う提案をしてみてはいかがでしょうか。

2.タンクの中 手洗いタイプは特に注意

タンクの上部が手洗い器になっているタイプは、手を洗ったときの汚れだけではなく水が落ちる穴からホコリなども入ってきます。タンクの中は常に水がたまった状態なので、汚れが沈殿しやすい場所。タンクのフタを少しずらして覗いてみましょう。フタは重いので落とさないように気を付けてください。
溜まりやすいのが黒ズミ汚れ。タンクの内部全体が茶色っぽく変色していることもあります。
定期的に洗浄しよう
もっとも簡単な掃除方法は、重曹を入れること。寝る前や外出前など、しばらくトイレの水を流さない時間帯を見計らって、フタの穴から重曹をカップ1杯分投入します。あとは翌朝や帰宅後に普段通り使用するだけ。月に1回程度行うと効果的です。タンク専用の洗浄剤も市販されていますので、重曹だけで落ち切らない場合は検討してみましょう。
気を付けたいのは、塩素系の漂白剤。タンクの内部はゴムやプラスチックなどの素材が使われているので、塩素系洗剤は避けたほうが無難です。

3.布製品は、こまめに洗濯を

布は臭いを吸着して溜めこみます。便座カバー、フタカバー、足元マットはこまめな洗濯が不可欠です。カバーをしていると気付きにくいですが、便座の裏側ははねた汚れが付き、水で流す便器の中よりも汚れが目立つ場所です。足元のマットも尿はねや水はねが気になる場所。汚れが少ないと思われがちなのがフタカバーですが、水洗トイレは水を流すと便座のフタまで水がはねています。立ったままトイレを使用する男性が家族にいる場合は、要注意です。カバー類は最低でも週に1回は洗濯しましょう。

4.床と壁は、すぐに拭き取る

尿はねやホコリで汚れやすいのが、床と壁の特に低い部分です。他の部分と違って、取り換えたり外して洗ったりできないので、臭いを吸わせず、溜めさせないのがポイント。できるだけ早く臭いの元を除去することが大切です。トイレを使用中に床や壁を汚してしまったら、その場で拭き取る習慣を家族にもつけてもらいましょう。あとで掃除するとなると汚れも落ちにくく、気分も良いものではありません。トイレットペーパーを使って、すぐにさっと拭き取るだけで、汚れと臭いは軽減されます。
トイレ掃除のときは、除菌ができるシートなどでの拭き掃除が効果的です。汚れから菌が繁殖しやすいので、ゴム手袋をはめ、掃除のあとは手洗いを十分行ってください。

トイレも気分もすっきりと

臭いの元になりやすいポイントに気を付け、トイレ掃除を行いましょう。こまめに掃除しておけば、来客があっても心配しなくて大丈夫です。気持ち良くトイレを使ってもらいましょう。