毎日きちんと歯を磨いているのに、なぜか口臭が消えない。病院で検査しても特に悪いところはないし、虫歯や歯周病があるわけでもないのに……と悩んでいる方。それはもしかしたら「臭い玉」の仕業かもしれません。臭い玉はのどにできるので自分ではなかなか気づくことができないけれど、臭いは強いという厄介なもの。その詳しい正体や対処法を知り、さわやかな息を取り戻しましょう。

臭い玉ってどんなもの?

臭い玉は「膿栓(のうせん)」と呼ばれるもので、のどの扁桃腺の近くにできます。激しい咳やくしゃみをした時、口の中から白い塊が出てきたことはありませんか? 手で潰してみて、嫌な臭いがしたらそれが臭い玉です。
なぜこのようなものができてしまうのかというと、扁桃腺が細菌を殺すため、表面に開いた穴から免疫物質を出しているからです。そこへ殺した細菌の死骸がどんどんたまり、さらに食べもののカスなどがこびりつくことによって臭い玉ができてしまうのです。

どうやって対処すればいいの?

臭い玉は非常に取りにくい位置にあるため、自分でなんとかしようと思ってもうまくいきません。そこで、のどの専門家である耳鼻咽喉科に駆け込むのですが、病気ではないため断られるケースも……。しかし、無理に綿棒などで取ろうとするとリンパ腺を傷つけ、深刻な病気を発症してしまう恐れがあるので「取る」ではなく「予防する」ことに重点を置いてケアしていきましょう。
方法としては、うがい薬でうがいをしたり、シャワーをのどに当てたりしましょう。ただし、シャワーの水圧はできるだけ弱めにしてください。
ちなみに、耳鼻咽喉科で臭い玉を取ってくれるのは、これによって扁桃腺炎が悪化する恐れのある時。陰窩(いんか)と呼ばれる穴を掃除したり、専用の器具で臭い玉を吸引したりするなどの処置をします。

口臭の原因は臭い玉以外に、どんなものがある?

口臭の原因は人によってさまざま。内臓に異常がある場合もありますが、ここではもっと日常的な原因について紹介していきます。
 口の中になんらかの異常がある場合。
虫歯や歯周病があったり、ドライマウスで常に口腔内が乾燥していたりすれば、細菌が繁殖して口臭が発生しやすくなります。定期的に歯科医の診察を受け、すっぱいものを食べて唾液を出すなど、ドライマウスを改善する努力をしましょう。ちなみに、朝起きた時の口臭は「モーニングブレス」とも呼ばれ、誰にでもあるものです。細菌は唾液量の減る就寝中に活発になるので、夜寝る前や朝起きた時は必ずハミガキをしてください。
 慢性扁桃腺炎や蓄膿症にかかっている場合
上記の炎症があるときも口臭が発生しやすくなります。のどや鼻に違和感がある時は、早めに医師の診察を受けるようにしましょう。

臭い玉はこまめなケアで予防できる

できてしまった臭い玉を取り除くのは簡単ではありません。無理に取ろうとするとリンパ腺を傷つけ、思わぬ病気を引き起こす恐れがあり、予防していくことが大切なのです。うがいは簡単にできるので、1日に数回うがいをし、のどを清潔に保つ努力をしましょう。