夏に向けて暑いと感じる日が多くなりましたね。これからの時期、気になる部屋のニオイといえばキッチン。生ゴミが出たり、調味料があちらこちらに飛び散ったりと、キッチンは臭いが出やすい条件がそろっています。特に、暖かくなると食べ物が腐るスピードが早くなり、ますます臭いやすい状況に……。かといって、毎日こまめに掃除をするのは難しいですよね。そこで大事なのが、臭いの出やすいポイントを押さえて一度徹底的に掃除をしてしまうこと。どのような方法が効果的なのでしょうか?

1.キッチンの排水溝

排水溝のゴミ受けを取り除くと、その下には常に水がたまっています。これはキッチンで水を流すたびに新しいものに入れ替えられ、清潔な状態を保てるよう工夫されているのです。つまり、排水溝自体は臭いにくい構造になっているのです。それなのに、なぜ嫌な臭いが発生してしまうのでしょうか?
排水溝の臭いの原因
長期間使われることのなかったキッチンならば、単に排水トラップ内の水がなくなっていることが考えられます。この場合は水を流せば解決する場合が多いので試してみてください。
日常的に使用しているキッチンが臭う時は、下水から臭いが上がってきている可能性があります。排水ホースが破損していたり、ホースの接続部に隙間ができていたりするとそこから臭いが漏れるので、一度点検してみましょう。また、排水トラップ内の水がきちんと満たされているかを確認することも大切です。
排水溝の臭いの対処法
排水溝は毎日のように食べ物のカスが流されるため、菌が繁殖してぬるつきや臭いが出やすくなります。上から重曹や酢を振りかけてしばらく置き、古いハブラシなどでこすったら、仕上げに消臭剤をスプレーしておきましょう。
排水溝がきれいになったら、ぬめりを防ぐためのひと工夫! アルミホイルをピンポン玉ぐらいの大きさに軽く丸めたものを用意し、排水溝に入れておきましょう。アルミホイルは水に濡れると細菌が嫌う金属イオンを発生させるので、ぬめり防止になります。
できるだけ水に触れる面積を大きくするため、ぎゅっと丸めすぎないのがコツ。新品ではなく、使用済みのものでも同様の効果が得られますよ。

2.生ごみ&ゴミ箱

生ゴミや食べカスだらけの袋など、臭いの出やすいものを入れるゴミ箱。臭わないはずがありませんよね。
 ゴミはぬらさない
ぬれた状態で放置すると雑菌が繁殖しやすくなるので、三角コーナーを使うよりは、その都度ゴミ箱に捨てるかコンポストに入れることをお勧めします。
 臭いの出やすいものはもう一手間
魚の内臓など臭いの出やすいものは、そのままゴミ箱に捨てず新聞紙や広告で包みましょう。さらにその上から重曹や消臭スプレーをかけておくとより効果的です。
 ゴミ箱そのものを清潔に
食べ物の汁が付いたらこまめに拭き取るのはもちろん、週に一度はお湯と洗剤できれいに洗いましょう。しつこい臭いには、漂白剤やクレンザーを使ってみてください。

3.ガスコンロまわり

ガスコンロも、料理の際に汚れやすい場所です。温かいうちなら汚れもよく落ちるので、ヤケドに注意しながら、使った後すぐに拭き掃除をすると良いでしょう。
五徳にこびりついた頑固な汚れは、1ℓの水に大さじ1の重曹を溶かしたたらいの中に浸け、しばらく置いてからこすり洗いをするときれいに落とせます。
魚焼きグリル
意外と汚れているのが魚焼きグリル。取り外せる部分はこまめに洗っていても、本体の部分に魚の皮や油が付着している場合があるので、受け皿などを取り外してからしっかりとふたを閉め、15分ほど空焼きをしましょう。その後、ヤケドに気を付けながら重曹水で拭き取れば完了。換気しながら行ってください。

ポイントを抑え、定期的に掃除することが大切

キッチンの中でも、汚れやすい場所というのはだいたい決まっています。ですから、嫌な臭いをシャットアウトしたければ、その部分を中心に掃除をすれば良いのです。できれば毎日こまめに拭き掃除をしたほうが良いですが、忙しい時は無理をせず自分のペースで行いましょう。
また、臭いやすい場所には、手軽に消臭できる消臭スプレーなどで清潔な環境を保ちましょう。■おすすめ商品
「消臭除菌の神様」
臭いの元となる雑菌を約30秒で死滅させ、殺菌効果も長続き。食品素材の安心な成分でできているので、小さなお子様やペットがいるご家庭でも使えます。