体は清潔にしているはずなのに、なぜか水にぬれるとタオルが臭ったり洗ったばかりの服の臭いがとれなかったり、ということはありませんか? 洗剤を変えても洗う回数を増やしても落ちない洗濯物の臭い。実は洗う環境に問題があるのかもしれません。今回は、体臭だけではなく、タオルや服にしみつく臭いの原因と対処法をご紹介します。

タオルの臭いの原因は体臭だけではなかった!

洗濯物が臭うのには、体臭・カビ・洗い残しなどが考えられますが、普段しっかりと洗濯しているのに1度使用したタオルや衣服から雑巾のような臭いがする場合は、主に洗濯物についている細菌が原因。細菌のついた布地が水を吸って、悪臭を発し臭うのです。その雑菌の一因である赤カビは、お風呂などの溝にも出てくるぬるぬるとしたカビで、皮脂と湿気を好みます。増殖するとピンク色になるため、白い洗濯物がピンクになってきたら要注意。体をきれいにするとはいえ、お風呂上がりの体を拭いたタオルには皮脂がついているので、体を拭いたまますぐ洗濯かごに入れてしまったり、タオルをぬれたままにしてしまうと、細菌が繁殖しやすくなります。また、やっかいなことに、一度発生したこれらの細菌は、天日干しをしても柔軟剤のいい香りでごまかそうとしても、しぶとく生き残っています。では、これら細菌の臭いを消すにはどうすればいいのでしょうか。

臭いの原因の撃退方法

いやな臭いの原因である細菌は熱に弱いのが特徴。臭いを撃退するには、タオルを煮沸して、細菌を熱で死滅させる方法があります。しかし、手間がかかって続かないですよね。そんな時に有効なのが、ミョウバンです。

臭うタオルにミョウバンスプレーを!
ミョウバンは、殺菌作用、制汗作用、アンモニア臭を中和する働きがある、天然抗菌剤です。体に直接使用すると、汗を抑えて細菌が増えにくくなる環境を作ることが期待できますが、衣服の消臭にも効果的なのです。ドラッグストアなどで販売している市販の焼きミョウバン約40gを約2ℓの水に入れて1日以上置き、すべて溶けたら20倍に薄めて容器に入れるとミョウバンスプレーの完成です。臭いが気になる洗濯物に振りかけると、殺菌作用と消臭作用が働き臭いを撃退してくれます。さらにその衣服を着た後も、汗をかいた時などに効果が持続するので、体臭が染み付くことを防げます。スプレー後は風通しの良いところに干して、水分を飛ばすようにしましょう。

臭いの原因は洗濯機の汚れだった!?
もう1つの効果的な対策としておすすめなのが、洗濯槽の掃除です。洗濯槽は、普段目につかないことに加え、手入れもしにくいため汚れやカスが多くたまっており、カビなどの細菌が繁殖しやすい環境にあります。きれいにするつもりで入れた衣服に洗濯槽の細菌やカビがついてしまい、臭いの原因になることも。まずは、洗う環境をきれいにするということが重要なのです。洗濯槽のカビ取りにも、先ほどのミョウバンが活躍します。洗濯槽に水を貯めて、ミョウバンを2カップ入れるだけで洗濯槽をしっかり洗うことができます。また、過炭酸ナトリウムで洗浄するのも効果的。お湯10ℓに対して過炭酸ナトリウム100gを入れ、40~50ℓのお湯で、20分ほどかき混ぜます。汚れがしつこい場合は、一晩おいても問題ありません。浮いてきた汚れをそのまま流すとつまりの原因となるので、流す前に取りましょう。

タオルや服の臭い対策の見直しを
洗濯物のいやな臭いや洗濯槽の洗浄にも、有効なミョウバン。体にも無害なものですので、顔や体が直接触れるタオルにも安心して使えます。頑固な臭いに困ったら、体臭だけではなくタオル自体の消臭や、洗う環境を見直してみることも有効ですよ。