気になる体のニオイは年齢とともに変わっていくもの。特に男性は、30代半ばからニオイが気になってくる方も多いのではないでしょうか。中年期が近づくに連れて「加齢臭」を心配しているかもしれませんが、加齢臭の前に「ミドル臭」が発生しやすい年ごろがあります。夏の汗臭さとは違うイヤな臭いを感じている人もそうでない人も、ミドルの男性に気を付けてほしいニオイをお伝えします。

30代半ばになると強くなるミドル臭ってナニ?

男性のニオイは、年齢とともに変化していきます。10代から30代ごろまではワキに発生しやすい汗の臭いがほとんどですが、その年ごろ以降になると汗臭さは減少していく傾向にあります。一般的に「加齢臭」と呼ばれる男性の臭いは、40代から徐々に増加する「2-ノネナール」という成分によるもの。その中間の世代にいる30代ごろの男性が気になってくる臭いが「ミドル臭」です。ミドル臭は20歳前後から徐々に分泌量が増える「ジアセチル」という成分によるもの。ジアセチルは、汗の中の乳酸がブドウ球菌などの常在細菌に代謝、分解されることで発生します。チーズやヨーグルトなどの発酵食品に含まれる臭い成分で、古い油のようなニオイが特徴です。特に後頭部や首周辺あたりから分泌されています。

こんな兆候はミドル臭かも

ミドル臭が発生しやすい男性にはいくつかの特徴があります。例えば、下記のチェックポイントがいくつも当てはまるようなら、ミドル臭が出ているかもしれません。
 頭、首周りでよく汗をかく
 枕が臭い、汗染みのような色がつく
 太り気味である
 肉は好きだが、野菜はあまり食べない
 夜食や間食が多いなど食事の時間にバラつきがある
 運動不足である
 ストレスが溜まっている
男性のニオイには、年齢だけではなく生活習慣も大きく影響しています。食事の時間が不規則、ビタミンやミネラル不足の偏った食事、飲酒や喫煙、これらは皮脂が過剰に分泌し、ミドル臭が発生しやすくなるもの。自分の体臭が気になるなら、生活習慣を見直してみてくださいね!

気になるミドル臭はシャンプーで対策!

ミドル臭の元になるジアセチルは、頭から首の後ろあたりに発生しやすい成分です。そのため、ミドル臭の対策にはシャンプーがポイント。頭皮をしっかり洗うことで、臭いが発生しにくくなります。
・洗浄力の高いシャンプーを選ぶ
まず重要になるのがシャンプーです。臭いの元になる菌や皮脂をしっかり落とせる、洗浄力の高いシャンプーを選びましょう。殺菌作用や毛穴汚れがよく落ちる、ミドル臭にオススメのシャンプーを探してみてくださいね。
・シャンプー前のブラッシングとお湯洗いが重要
シャンプーの前にブラッシングすることで、頭皮や髪の汚れを浮き上がらせることができます。ブラッシングを終えたら、お湯だけで頭皮全体をじっくり洗い流しましょう。シャワーが頭皮に対して直角にあたるよう意識すると、汚れが落ちやすくなります。ワックスやスプレーなどの整髪料を使う方は特にしっかりお湯で流しておきましょう。
・襟足を中心的に洗う
お湯でしっかりすすいだら、シャンプーを手で泡立てから頭皮全体を洗っていきます。特に襟足部分は重点的に洗いましょう。抜け毛を気にしてあまりしっかりシャンプーをしない方もいるようですが、抜け毛対策にも頭皮を清潔に保つことが大切です。爪で頭皮を傷つけないよう、指の腹でマッサージしながら洗います。充分に洗い終わったら、同じくマッサージしながらすすぎましょう。泡が残らないようにしっかりとすすぎ流します。
・頭皮まで充分に乾燥させる
洗い終わった後はそのまま自然乾燥にするのではなく、タオルとドライヤーを使って乾かします。髪の根本が湿った状態の時間が長いと、その分雑菌が繁殖するためミドル臭につながります。髪よりも頭皮を乾かすよう、タオルを使って地肌をやさしく拭きます。
大人の男性ならニオイに悩むのは普通のこと。だからこそきちんとケアして、周囲からの良い印象を保ちたいものですよね。30代半ばからニオイが気になってきたら、まずは「ミドル臭」を疑ってみてはいかがでしょうか。