寝ても起きても続く暑さに悩まされた夏も終わり、過ごしやすい季節になってきましたね。涼しい日が増える秋の季節は、ニオイのケアもちょっと休憩、なんて方も多いのではないでしょうか。でも、秋だからって油断は禁物。衣服に頭皮に口臭と、秋こそ気をつけるべき“ニオイ”があるのです。

秋だって汗と衣服のイヤなニオイにご用心!

秋になって涼しくなると、手放すことができなかったデオドラントスプレーや汗ふきシートも使う機会が減ってきますよね。汗の量が減ればニオイケアもおろそかになってしまう気持ちはよくわかります。でも、実は、汗のニオイが強くなりやすいのは夏よりも秋。「汗がなんだかクサイ」と感じる原因は、汗自体ではなく雑菌が繁殖することによるものです。夏は大量に汗をかきますが、薄着なので乾燥しやすく、雑菌が繁殖しにくい状態になることが多いのですが、秋のように涼しい日と暖かい日が交互に訪れるような季節は、少し汗をかいても厚着のまま過ごしてしまうことも多く、服の中で湿った状態が続きます。そのため、雑菌がどんどん繁殖してしまうのです。また、秋になって汗をかく機会が減ることで汗腺の機能が衰え、汗にニオイの元となる成分が含まれやすくなることもあります。秋だからといってデオドラント対策を怠っていると、気づかない内にイヤなニオイを発してしまっているかもしれないのでご注意ください。
それから、もう1つ注意が必要なのは、夏の暑い季節に着ていた服に、雑菌のニオイが蓄積しているということ。衣服についた雑菌のニオイは、普通の洗濯では落としにくいため、秋がくる前に煮洗いや漂白剤を使うなど、しっかりとケアをしてニオイを落としておきましょう。
この記事もチェック:秋は意外と臭いやすい季節?ニオイの原因とその対策

夏の紫外線ダメージが頭皮のニオイにつながるかも!?

秋は頭皮のニオイも気になる季節です。頭皮はそもそも毛穴が大きく、皮脂が分泌されやすい部分。夏の間に頭皮で過剰に分泌された皮脂が、強い夏の紫外線によって酸化して毛穴に詰まり、雑菌が繁殖しやすくなります。そして先ほどの汗と同じく、雑菌の繁殖によってイヤなニオイが発生してしまいます。夏の終わりには、ダメージの蓄積した頭皮にスペシャルアを取り入れるのがおすすめです。入浴後の頭皮が柔らかいタイミングでマッサージをしたり、シャンプーとトリートメントの間に炭酸水で頭皮をすすぐなどセルフ炭酸ヘッドスパも効果的です。美容室でヘッドスパやスカルプケアをしてみるなど、プロの手を借りて頭皮環境のリセットをするのもよいでしょう。
この記事もチェック:抜け毛が気になる秋は頭皮ケアで臭いも解消!

美味しい季節の口臭には旬の美味しい柿が効果的!

夏が終わって過ごしやすい気温の日が続くと同時に、食欲も急に沸いてきます。街には旬の食材がたくさん溢れ、ついつい外食や宴会が増えてしまうこともあるのではないでしょうか。お腹いっぱいのごちそうと美味しいお酒を飲めば、口臭につながりやすくなるのは当然です。あるいは、夏バテで腸内環境が乱れると、腸の中で発生した有害物質が悪臭ガスとなり血液に入り全身へめぐり、肺でガスが気化し排出されて口臭につながることもあります。そんな秋の口臭には旬の柿が効果バツグン。柿にはポリフェノールの一種である「タンニン」が含まれています。タンニンは口臭の原因となる物質と結合することで、悪臭を無臭へと変化させるので、食事の最後に柿を食べれば口臭予防の効果が期待できます。そのほかにも免疫力を高めたり、美肌効果があること、またお酒を飲む前に食べておくと二日酔い対策にもなるといわれています。美容と健康、ニオイ予防に旬の柿を積極的に取りいれてみてください。
この記事もチェック:今が旬の柿で「おいしく」口臭ケアをしよう!
やっと訪れる秋の季節は、ニオイなんて気にせず快適に過ごしたいですよね。まだまだ残暑が厳しいですが、今のうちにデオドラントケアを見直しておいてはいかがでしょうか?