再び夏真っ盛りの8月。野外では常に薄着になり、汗や汗のにおいが気になりますよね。ベタベタな汗をたくさんかいた後に脇からイヤなにおいを感じる方は、少なくはありません。においの原因は汗そのものだと思われがちですが、実はそうではありません。汗のにおいが気になるのは汗腺の機能が衰えているからかもしれないのです。つまり、汗のにおいから解放されるために必要なのは汗腺の機能を鍛えて「においのないサラサラの汗」にすること。自宅でできる簡単な「汗腺トレーニング」を続ければ、今年の夏は脇汗のお悩みも解消できるかもしれませんよ。

本当の汗は臭くない!?においが気になるのは〇〇のせい!

健康な体から排出される汗はにおいもなく、ベタつくこともありません。汗のほとんどは水分ですから、サラッとしていて無臭なのです。ですが、汗腺の機能が衰えている場合は汗にミネラルなどの老廃物が混ざり、ベタベタの汗となってしまいます。老廃物の多いベタついた汗は、皮膚に付着している雑菌にとっては活動しやすい環境です。この、老廃物を含んだベタついた汗がにおいの元につながるのにはいくつか原因があります。まずは、細菌がホコリや皮脂、角質などの汚れをどんどん分解することでにおい物質が発生するということ。また、ミネラルに含まれる鉄分が皮脂を酸化させることもにおいの原因となります。汗が臭いと感じてしまうのは汗のせいではなく、「汗腺の機能が衰えている」という体の状態にあるのです。

汗をかきにくい体質=汗のにおいが気になる

汗のにおいが気になる人は、「あまり汗をかかないようにしよう」と注意するのではないでしょうか。ですが、汗腺の機能が衰えている原因は「普段から汗をかきにくい」生活習慣だと考えられます。オフィスワークなど、エアコンで温度管理された屋内で過ごす時間が長いとか、体を動かす機会が少ないと、汗をかくことが減り汗腺の働きが低下します。衰えた汗腺から分泌されるベタベタした汗は蒸発しにくく、なかなか体温を下げることができないため、さらに汗をかきます。汗をかきにくい体質ゆえに、老廃物を含んだ汗をたくさんかき、雑菌の増殖や皮脂の酸化が進み、においの元となってしまいます。

お風呂でできる汗腺トレーニングの方法

汗のにおいから解放されるためには、普段から汗をかきやすい体質へ改善する必要があります。どんどん汗をかいて汗腺の機能を取り戻す、それが「汗腺トレーニング」です。汗腺トレーニングはとにかく汗をかくことなので、ジョギングやエクササイズ、ホットヨガも効果的。自宅で簡単に汗腺トレーニングを取り入れるなら入浴中がおすすめです。お風呂で簡単にできる汗腺トレーニングの方法を紹介します。
① ひざ下とひじ上を温める
浴槽に41~43度ほどの熱めのお湯を少なめにはり、ひざ下とひじ上をつけて10~15分ほど温めます。ひじをお湯につけにくいようでしたら、ひざから下の足湯だけでもOKです。バスチェアを使うと楽にできます。
② ぬるめのお湯に調節して全身を温める
水やお湯を足して、36~38度のぬるめの温度、全身がつかるほどの量に調節します。そのまま10分~15分ほど全身でゆっくりお湯につかりましょう。
③ 入浴後の汗は自然乾燥させる
入浴後は出てくる汗を自然に乾燥させ、汗の働きで体温調整をすることも重要です。お風呂から出たらすぐに服を着ず、汗を蒸発させることで体温を下げるようにしましょう。暑いからといってエアコンの効いた部屋で過ごすのはNGです。リラックスしてゆったり過ごしながら、自然に汗がひくのを待ちましょう。
脇のにおいが気になる原因は、実は「汗をかきにくい体質」にあるようです。脇の汗が気になるからこそ、普段の生活のなかで汗をかく機会を増やすことが重要。今日からでも始められる簡単な汗腺トレーニングで、においを気にせず夏の暑さを乗り越えましょう!