これからの夏レジャー、家族そろって車で出かけることも増えると思いますが、車中のにおい対策はしていますか? 狭い空間で締め切ったままになるため、意外にプラスチックや、たばこ、エアコンのにおいなどが気になるものです。大人に比べて酔いやすいといわれる子どもの車酔い防止にもなる、車のにおい対策をご紹介いたします。

芳香アイテムは好き嫌いがある

車用の芳香剤には、車に置くタイプ、ミラーに吊るすタイプなど、いろいろな種類、香織が出回っています。これも人によってそれぞれ好みが異なるため、ほかの人の車に乗ったときに気になったことはありませんか? くさいと感じる芳香剤のにおいは、逆に車酔いの原因になってしまうこともあります。

においが出やすい箇所は洗浄する

車のにおいをできるだけ気にならないようにするための一番効果的な対策は、掃除です。
下記ににおいが出やすい箇所の掃除ポイントをまとめました。
 エアコン
カーエアコンの空気を冷やす役割をもつエバポレーター。この聞きなれないエバポレーターは結露した水分が発生するので、カビや雑菌が付着し嫌なニオイを発生させる危険性が大きい箇所です。また、エアコンフィルターにほこりやタバコのにおいなどが付着したままになっていることがあります。エバポレーターは、カーエアコン専用洗浄剤を使って洗浄する、もしくは歯ブラシなどを使って水洗いをする、フィルターは取り換えることでにおい対策になります。
 足元のマット
足元のマットには汚れがたくさん付着しています。定期的に食品用洗剤などを用いて、丸洗いしましょう。洗ったあとは完全に水分がなくなるまで乾かし、生乾きのにおいを防止します。
 ダッシュボード
ダッシュボードもにおいがでやすい箇所です、水拭き、もしくは専用の洗浄剤を使って拭きましょう。
 天井
天井にもにおいがしみついていることがあります。消臭用スプレーを用いて拭き取ると効果的です。消臭剤はにおい分解効果のあるものを選べばより効果的です。
 シート
シートもにおいがつきやすい箇所です。定期的に消臭スプレーしたり、拭くなどの対策が効果的です。
 ガラスの内側(車内側)
喫煙車の場合、内ガラスにはたばこのヤニや車内の汚れがついている可能性があります。速乾性の窓ガラス拭きなどを使って拭きあげておきましょう。
そのほか重曹を車内にまいて、しばらく放置したあと、濡れた雑巾で拭きとる、天気のいい晴れた日に車のドアを全開にして空気を循環させる、などもニオイや菌を無くすために有効です。重曹をまく際は、弱酸性の物質に反応する可能性があるため、革製品への使用は避けたほうがいいでしょう。

できるだけくせのないにおいが無難

乗る人によって香りの好みが違うため、車中のにおい対策は、においが出るものより、消臭をするものが無難です。ドリンクラックに置ける車用の消臭剤、紫外線を受けることにより悪臭成分を分解する光触媒スプレーを置くなど消臭アイテムを活用するといいでしょう。

車にはにおいをつけるより、消臭が有効

狭い車の中の空間、車酔いをする人にとってはちょっとしたにおいが刺激となってしまいます。芳香剤は車のにおいと混ざって、より刺激の強いにおいになってしまうこともあります。消臭対策をすることで、外の空気と同じような車酔いをしにくい環境がつくれるでしょう。
せっかくの夏レジャー、車酔いしてしまうと楽しみきれませんよね。車のにおいをすっきりさせて、みんなが楽しい気分で過ごせる休暇にしましょう?