まだ若いから加齢臭は関係ない!……なんて思っていませんか? 加齢臭の対策は、20代から意識しても早すぎることはありません。早くから加齢臭対策をすることで、加齢臭の予防だけではなく、見た目にも若々しいミドル&シニアエイジを迎える準備を始めましょう!

加齢臭とは?

40代になる頃から男女ともに現れる臭いがあります。ズバリ加齢臭! 加齢臭は、皮脂が酸化・分解されることにより発生する「ノネナール」という成分が原因です。年齢とともに、ノネナールの発生のもととなるパルミトレイン酸という脂肪酸の含まれる皮脂の分泌が増えるとともに、皮脂の酸化を抑える働きが弱まってくるために、臭いが発生しやすくなります。かといって、40代以降の人が皆同じように加齢臭がするわけではありません。加齢臭の強さには個人差があります。加齢臭のもととなる要素を極力なくすことにより、加齢臭を発生しにくくすることは可能です。
また、若いころの臭いは、加齢臭とは別のもの。汗をかいた後の臭いなどは種類が違います。しかし過度のストレスや生活習慣の乱れなどにより体の老化が早まり、早いうちから加齢臭が発生する「若年性加齢臭」がでる人もいるそうです。若年性加齢臭、または、加齢臭予備軍とならないように、若いうちからの対策が必要です。

アルコールとタバコの摂取過剰は加齢臭の敵!

飲酒や喫煙は、体のなかの活性酸素を増加させ、加齢臭を発生しやすくさせます。アルコールやたばこは、量を控えるとともに、活性酸素を減らす働きのある抗酸化作用のある食べものを積極的に摂るようにしましょう。抗酸化物質には、ビタミンC(ピーマン・ブロッコリー・キャベツ・柑橘類など)、ビタミンE(かぼちゃ、アーモンドなど)、βカロテン(人参、モロヘイヤ、春菊など緑黄色野菜)、DHA・EPA(青魚)、イソフラボン(大豆)、クルクミン(ターメリック)、アントシアニン(赤ワイン、ブルーベリー)などがあります。これらの食べ物を多く摂るために、食生活にも意識を向けることが大切です。

食生活を改善する

動物性脂肪の多い食事、インスタント食品、油分や甘いものなどの摂り過ぎは、加齢臭一直線の食生活です。これらのものを控え、先ほど挙げたような抗酸化物質の多く含まれた食品、特に魚や緑黄色野菜などを中心に献立づくりをしましょう。
何といってもおすすめなのが和食です。カロリーを抑えて栄養バランスのよい食事にすることができます。忙しくてたくさんの品を用意することが大変でも、例えばおかずをお店の惣菜にして、ごはんと味噌汁だけ家で作るなど、できる範囲で取り入れてみてもいいでしょう。お米に雑穀や発芽玄米などを混ぜて炊いたり、味噌汁を野菜たっぷりにしたりするだけでも、食事内容はぐっと豊かになります。和食は、味噌や漬物、納豆などの発酵食品も豊富です。発酵食品は腸内環境を改善して体の毒素を排出してくれます。こちらもたくさん摂るようにしたいですね。
食生活の改善は、メタボ対策や美容にも繋がります。できることから取り入れるようにしましょう。適度な運動やウォーキングなどで、体を動かすことも大切です。

体と身につけるものを清潔に

入浴は毎日欠かさないようにし、体の汗や汚れをきちんと流すようにしましょう。とくに、耳の後ろ側、首の後ろ、肩、背中は加齢臭発生のポイントとなる部分なのでしっかりと洗います。けれども、シャワーの浴びすぎや洗いすぎは禁物。皮膚のバリアが壊れ、免疫力が低下したり皮膚トラブルのもとになったりしてしまいます。
また、身につける衣類もチェックが必要です。とくに、洋服の襟や袖口の部分の汚れは専用の洗剤や漂白剤などで予備洗いをしてから、ほかの洗濯ものと一緒に洗うようにしましょう。枕カバーも臭いがつきやすいので、こまめにとりかえるようにしてください。

まとめ

加齢臭対策といっても、特別なことをするわけではありません。嗜好品はストレスをためない程度に適度に楽しみ、バランスのとれた食事と規則正しい生活を心がけるという健康のためにする基本的なことと同じです。もちろん、体を清潔にしておくことも忘れずに。自分の臭いを気にしすぎたり、加齢臭を必要以上に恐れたりせず、素敵なミドル・シニアエイジを目指しましょう!