気候も過ごしやすくなり、新しい出会いに期待をしている方は多いのではないでしょうか。出会いの季節には外見や内面だけでなく、人の記憶に最も残りやすい「香り」で出会いをより良いものにするのはいかがでしょうか?この香り、実は男性に一番人気の香りがあります。香りとその香らせ方のコツをご紹介します!

いいにおいをさせている女性=男性の記憶に残りやすい

人には「五感」というものが備えられているのはみなさまご存じかと思います。
この五感のなかでも、特に「嗅覚」は大脳に直接届けられるものとして知られています。
大脳のなかでもにおいを感じる場所の周辺には、記憶を司る海馬や、感情をコントロールしている扁桃体というものもあるため、においはより人の記憶に残りやすいといわれているのです。
気になる異性にアプローチする際に「におい」「かおり」は医学的な観点からみてとても有効といえそうですね。
特に良い香りをまとわせておくと、男性に「良い香りをさせていた人」と記憶付けできるのではないでしょうか。

男性がダントツで好む香り…それは「シャンプーの香り」

複数のメディアが行った「彼女や好きな女性の匂いについて、どれが一番好き?」というアンケートでは、ほぼ全てのアンケートで「シャンプーの香り」がダントツで1位になっている結果を発見しました。

メディアAが22歳〜39歳の社会人男性117人に実施したアンケートでは、「女性の香りで好きなのはシャンプーの香り」と回答した割合はなんと全体の68.4%にものぼります。
(参考:http://news.livedoor.com/article/detail/10363542/)

もうひとつのメディアBは男性だけでなく、女性にも調査を行っており、全国の20歳〜59歳の男女516名にメディアAと同等のアンケートを行った際も、シャンプーを好む方が20代〜40代の男女で一番人気となる結果でした。
(参考:http://www.athome.co.jp/vox/life/71339/pages2/)

これらの調査結果から、気になる男性が20代〜40代の世代だった場合、彼らから一番好感度を持たれる香りが「シャンプーの香り」ということが伺えますよね。男女問わずにおいからモテを意識するなら、まずは、シャンプーの香らせ方を攻略するのが近道といえそうです。

シャンプーの香りは消えやすいのが難点。長持ちさせるには?

シャンプーにはいろいろな香りがありますよね。洗うのも選ぶのも楽しいのですが、「なかなか香りが持続しない…」と感じる方は多いのでは?どんな洗い方が香りを持続させやすいのでしょうか?

・コツ1)洗髪前にブラッシング!
洗髪前にブラッシングすると、髪の毛や頭皮に付着した汚れがより落ちやすくなりますよ。汚れがとれやすくなるだけでなく、頭皮の血行も促進されるため、普段以上に洗髪後の爽快感が味わえるはずですよ。

・コツ2)シャンプー前のすすぎは念入りに
髪の毛をさっと濡らしたあとに洗髪する方は多いかもしれませんが、シャンプー前は念入りにすすぎをすることをおすすめします。シャンプーがなじみやすくなるだけでなく、ブラッシングでは落ちにくかった汚れを流せます。
温度は38度程度のぬるめの温度がおすすめです。40度以上のお湯だと頭皮への負担が強く、頭皮に必要な皮脂を根こそぎ流してしまうため注意が必要です。

・コツ3)なるべくライン使いを
種類が違うシャンプーとコンディショナーを使うと香りが混ざってしまい、香りもシャンプーの持つ効果も出にくくなってしまいます。

・コツ4)すすぎ残しに気をつけて!
すすぎ残しがあると、吹き出物やベタつきなど頭皮のトラブルにつながり、顔や体にブツブツができる原因にもつながってしまいます。
シャンプーやコンディショナーはしっかりと洗い流しておきましょう。

・コツ5)トリートメントは毛先だけ!
髪のうるおいやツヤをキープするため、「洗い流さないトリートメント」をタオルドライ後にされる方は多いと思います。
ここで注意したいのが、「毛先だけにトリートメントをつける」こと。
頭皮は皮脂や汗などが多く発生する場所のため、頭皮にもトリートメントをつけてしまうと皮脂や汗と混じり悪臭を放ってしまう危険性がありますのでご注意!

男性受けのよい「シャンプーの香り」とその香りの持続の高め方についてご紹介しました。シャンプーの香りは、洗髪方法を少し工夫するだけで香りが長続きするようになります。気になる異性の方の前でほんのりと香らせられたら良いですね!