子どもなのに朝起きたときに口臭がする、歯周病、もしくは胃の病気? と、親御さんは心配になるはずです。特にすごく臭いといった場合は、将来的にいじめにつながる可能性もあります。子どもの寝起きの口臭の原因と対策について考えてみましょう。

口臭の原因は唾液不足?

口臭の原因として挙げられる大きな原因が唾液の不足です。唾液には、殺菌・抗菌作用があります。そのため唾液が不足すると、細菌が繁殖しやすくなり、悪臭を発するようになってしまうのです。
唾液が不足する原因のひとつとして、ドライマウスがあります。普段から、口呼吸が癖になっていると、口の中が乾き、唾液が出なくなってしまいます。また外気からばい菌をそのまま吸い込んで、免疫力が弱まる可能性があります。

子どもはきちんと歯磨きができていない

子どもは、意外にきちんと隅々まで歯磨きができておらず、磨き残しがたくさんある可能性があります。歯磨きを嫌がる子も多くいます。磨き残しがある場合は口臭を引き起こす可能性が高く、虫歯もできてしまうため、保護者がしっかりとチェックをしてあげる必要があります。

朝の口臭対策

子どもの朝の口臭対策として有効な方法を挙げてみます。
 鼻呼吸のトレーニングをする
鼻の病気や鼻づまりがある場合は、耳鼻科に行き治療するようにします。そのほか、鼻呼吸に切り替えるための自己訓練として、口の筋肉を鍛える、吸ったり吐いたり鼻呼吸の練習などを行うといいでしょう。口の筋肉を鍛える方法としては、あいうべ体操があります。大きく口をあけて「あ」、口を引いて「い」、口をすぼめて「う」、思い切り舌を出して「べ」という方法です。繰り返すことで口の周りの筋肉が鍛えられます。この体操は比較的簡単なので、子どもでもできるでしょう。
鼻呼吸を習慣づければ、酸素吸入量が増え、血行がよくなる、集中力が高まるというおまけつきです。子どもが小さいうちに習慣づけるようにしたいですね。
 唾液が出るように水分補給を心がける
唾液のもととなる水分をしっかり補給することも大切です。1日のなかで少しずつ分けながら、こまめに水分を補給するようにします。
 歯磨きをきちんとする
小さいうちに正しい歯磨きの方法を身につけるように手伝ってあげます。正しい歯磨きのポイントは、歯の面にブラシをまっすぐに当て、軽い力で20回以上小刻みに磨くことです。子どもが磨いた後、仕上げ磨きをしてあげるといいでしょう。仕上げ磨きをする際は、子どもが歯磨きを嫌がらないように、唇と歯茎の間の筋に歯ブラシが当たらないように気をつけます。余裕があればフロスの併用や、舌苔を取れば、さらに口臭予防に役立ちます。
夕食後から翌朝にかけて細菌の数が大幅に上昇します。細菌の数が増えることで、朝の口臭が確実にくさくなってしまいます。夕食後の歯磨きは特に丁寧に行うといいでしょう。

丁寧な歯磨きと鼻呼吸を習慣づけよう

丁寧な歯磨きと鼻呼吸で子どもの朝の口臭が随分と軽減されるはずです。子どもは思ったことをはっきりと言います。他の子に口くさいーなどと言われないように対策をしてあげたいですね。