飲み過ぎた次の日の朝、起きてみたら全身から漂うお酒臭さ…。今日は朝から取引先に行くんだった、彼女とデートだった、などけっこう困ったことになってしまいます。お酒臭いニオイをなるべく早く消す方法をご紹介いたします。

飲酒した次の朝は、どうして酒臭くなるのか

体内に入ったアルコールは、肝臓で代謝されてアセトアルデヒドに変わり、無害な酢酸に分解されます。最終的には二酸化炭素と水になり、体外へ排出されます。
中間代謝物であるアセトアルデヒドは毒性が強く、頭痛や吐き気などを引き起こす原因となるものです。二日酔いのつらさは、このアセトアルデヒドが原因となっています。
お酒を飲みすぎると、肝臓がアセトアルデヒドを処理しきれず、血液中のアセトアルデヒドの濃度が高くなります。これが血液に溶け込み肺に到達すると、息が酒臭くなり、汗として排出すると体臭の原因になります。

お酒を飲む前にできる予防法

あらかじめお酒を飲む予定があるとき、飲む前にできることがあります。

・良質なたんぱく質を摂取しましょう
豆腐やチーズなどの良質なたんぱく質を摂取すると、肝臓がアルコールを分解する助けになってくれます。

・口臭対策に良い食べ物をとる
口臭対策におすすめなのはリンゴです。リンゴに豊富に含まれているポリフェノールには強力な消臭効果があり、クエン酸やビタミンCがアセトアルデヒドの分解を助けてくれます。

・肝機能を向上させる市販のドリンク剤を飲む。
肝臓の働きを助けてくれるアミノ酸やウコンなどが配合されたドリンク剤やサプリメントを摂取するのも有効でしょう。

お酒を飲んだ次の日の対処法

・水を沢山飲み、体内に残っているアルコールを排出する。
翌日の朝起きたら、できるだけ多くの水を飲みましょう。 アルコールには利尿作用があるため、飲酒すると体の水分はどんどん排出されていきます。水分が減少するとアルコールの分解がしにくくなるため、翌日にお酒が残りやすくなります。また、口の中も乾くので、口臭もきつくなってしまいます。

・シャワーを浴びる。
シャワーを浴びれば、汗からアルコールを対外に排出し、酒臭い汗を洗い落とせます。血行を促進させるのでアルコールの分解を促進させることにもつながり、結果的に二日酔いも軽減できます。
注意点として、アルコールの利尿作用により、飲んだ翌朝は軽い脱水状態になっていることがあるので、水分を摂ってから入浴しましょう。
酒臭さの元となるアセトアルデヒドを脱臭する成分が配合された石鹸も販売されていますので、そういったアイテムを活用するのもおすすめです。

・消臭成分配合のサプリメントを飲む
酒臭さの元となるアセトアルデヒドを体内で吸着してニオイをもとから断つタイプのサプリメントがあります。このようなエチケットサプリを飲むのもおすすめです。
おススメ商品<FEクロロフィル><Feクロロミント

いかがでしたか?お酒臭いニオイを早く消す方法は、二日酔いを早く解消する方法でもあるので、飲む機会がある方はぜひ試してみてくださいね。