汗染みが気になりデオドラント用品が手放せない夏と、汗腺の機能が低下して汗が臭いやすくなる冬では体臭ケアのポイントが異なります。冬には冬の体臭ケアを! 冬の体臭ケアで重要になる、対策のポイントをお伝えします。

重ね着に注意!

気温の低い冬場には、体温を保つために基礎代謝が自然と高くなります。身体を温かく保つことは大切ですが、重ね着のしすぎには注意が必要です。
保温性が重視された冬の衣類では、通気性の高い夏の衣類に比べると、肌と衣服の間の湿度が高く保たれがちに。高温多湿な環境では肌の表面に存在している菌が繁殖しやすくなり、汗の分解臭が発生してしまいます。この汗の分解臭は、通気性の低い冬物衣類によって肌と衣服の間にこもります。これがふとしたときに首元から外にもれ、臭うのです。
重ね着をしても衣服内気候(肌と衣服の間の温度や湿度)を快適に保ち、菌の繁殖を防ぐには、冬でも肌に触れる素材には吸水・吸湿性に優れた素材を選ぶようにします。その上に暖かい空気の層をつくるウールや化繊素材の服、そして、外出の際には冷たい風を遮断するアウターを重ねましょう。
いくら重ね着する素材を工夫していても、寒い外から暖房のきいた室内に入ってきて衣服を脱ぎ着して調節しないでいると、大きな温度差によって汗ばんでしまいます。こまめな調節と、汗をかいたらそのままにしないで拭き取るようにしましょう。

生活習慣を見直して質のいい汗をかく!

残念ながら、重ね着と体温調節の工夫だけでは、冬の体臭対策として十分だとはいえません。冬の汗は夏の汗に比べて臭いの原因となりやすいのです。
冬には汗腺の機能が低下しがちで、べったりとした濃い汗をかきやすくなります。この「濃い汗」は菌にとっては絶好のエサに。結果、菌の繁殖を助長してしまいます。「濃い汗」の対策としては、十分な水分補給と汗腺トレーニングが有効です。
汗腺トレーニングについては、過去に『春は体臭がきつくなる!?原因と対策』でご紹介していますので、こちらを参考にしてください。

食生活を見直して皮脂の分泌を抑える!

年末年始は、暴飲暴食で食生活が乱れがちに。食生活が乱れると体臭も悪化します。
脂質のとりすぎに注意
脂質はヒトの身体にとって重要な三大栄養素のひとつ。不足すると健康を損ねますが、とりすぎると内臓脂肪や皮下脂肪が増えるだけでなく、皮膚から分泌される皮脂量も増えてしまいます。分泌された皮脂が酸化すると体臭が発生します。
脂質が多い食品には次のようなものが挙げられます。
和牛バラ肉・サーロイン
バラ肉は、焼き肉のカルビや、牛丼によく使われています。和牛では、重量のおよそ半分は脂質です。
サーロインは、主にステーキとして食べられます。
豚バラ肉
日々の食卓に登場することの多い食材のひとつ豚バラ肉は、調理の際に脂肪分を落とす工夫をしましょう。
ミルクチョコレート
ミルクチョコレートは、脱脂粉乳や全脂肪粉乳を混ぜてつくられたチョコレート。乳製品が入っているため、脂肪が多く含まれます。
クリームチーズ
クリーム状のナチュラルチーズであるクリームチーズは、乳脂肪分を加えてつくられるため、脂肪を多く含みます。
ウインナー
羊や豚の腸に肉や調味料を加えて詰めてつくられるウインナーは、脂肪や塩分が多い加工食品です。
年末年始には特に、これらの食材や揚げ物、スナック菓子などをとりすぎないように意識して過ごしましょう。

たんぱく質のとりすぎに注意

たんぱく質もヒトの身体には重要な栄養素ですが、とりすぎると腸内環境の悪化につながります。たんぱく質は、腸内で悪玉菌のエサとなり、分解される際にアンモニアや硫化水素といった有害なガスを発生させ、これらは強い臭いがあります。このガスが水分とともに血液に吸収され、汗や皮脂とともに分泌されることで体臭の原因となるのです。
今回は、脂質とたんぱく質を取り上げましたが、これらだけを控えていても、食生活が乱れていると身体のコンディションは体臭となって表れてしまいます。
服の重ね方のポイントから生活習慣の見直しまで、冬の体臭対策のポイントをご紹介してきました。今年の冬は、原因を踏まえた対策で、冬の体臭のお悩みを解決しましょう!