中高年の男性から漂うとされる独特の臭い、加齢臭。実は、女性にも加齢臭があるって知っていますか? それどころか、最近は女性ホルモンが減少し始める40代の女性でも加齢臭がでることがあるということがわかってきています。男性よりも自分の臭いに敏感な女性なら、だれでも気になるこの加齢臭。
今回はその予防方法をお教えします!

加齢臭ってどうして出るの?

そもそも加齢臭とは、資生堂の研究所により、皮脂から出てくる不飽和アルデヒドの「ノネナール」が中高年特有の体臭の原因ということが発見され、某有名化粧品メーカーが命名した名称です。このノネナールは、皮脂腺の中の脂質が活性酸素によって酸化されて過酸化脂質となると発生するといわれています。つまり、過酸化脂質となる「皮脂の分泌量の増加」と「活性酸素の増加」が加齢臭のもと、ノネナールが発生する大きな2つの原因ということです。
では、これらを防ぐにはどうしたらいいのでしょうか。

皮脂の分泌量と女性ホルモンの関係

女性も年を重ねるにつれ加齢臭が発生すると言われているのは、女性ホルモンの働きが大きく関係しています。女性ホルモンには皮脂分泌を抑制する働きがあるのですが、特に更年期以降、女性ホルモンが減少していくと、皮脂分泌の抑制が効かなくなります。そのため、皮脂の分泌量が増え、過酸化皮質も多く分泌される環境になるのです。
女性に比べ、男性ホルモンは60代以降減少してゆくと言われているので、男性よりもホルモンが減少する時期が早く皮脂のコントロールが難しくなることを考えると、女性の方が加齢臭対策を早めに意識する必要があります。

加齢臭対策のポイント

①生活の改善
体臭は食べ物と密接な関係があります。
加齢臭の原因物質・ノネナールを防ぐには、ビタミンB・ビタミンE・ミネラルなど抗酸化作用のある食べ物が効果的です。普段「抗酸化作用のある食べ物」を意識することが少ない方は、たとえばビタミンBならパセリやキャベツ、ネギやホウレンソウ。ビタミンEならかぼちゃ、鮭、玄米など意外と身近な食べ物でOK。さらにウコンやアロエ、わさびやショウガなどのスパイスなどにも抗酸化作用がありますので、積極的に取り入れましょう。
また、脂肪分の多い食事は皮脂腺から皮脂が多く分泌されるので、ノネナールの発生量も多くなります。肉よりも魚や植物性の脂質をとることも効果的です。

②ストレスの発散と生活習慣の改善
加齢臭発生のもうひとつの要因は活性酸素です。
活性酸素は、ストレスや生活習慣の乱れが大きな要因で発生すると言われています。女性でも社会でバリバリ働く人が多い昨今、女性が感じる外的なストレスもかつてより格段に増えています。睡眠不足やアルコールの過剰摂取、喫煙など乱れた生活をおくる体内は、まさに活性酸素のパラダイス。生活習慣は体臭にも表れるのです。
特に、更年期になるとホルモンバランスの低下により汗腺機能も低下するので、こまめに体を動かしてきちんと汗をかくと、ストレス対策にもなって一石二鳥。たっぷりの睡眠とこまめなストレスの発散が、意外と臭いケアの近道になるのです。

③まめなエチケットケア
毎日のちょっとしたケアもとても効果的です。
人は寝ているときにも汗をかいているので、朝起きたら脇の下や頭、耳の後ろなど皮脂腺が集中している部分を殺菌効果のある石鹸などで軽く洗うだけでもよいでしょう。皮脂腺を傷つけないように、洗顔と同じく良く泡立てて優しく洗うのがポイント。ノネナールを防ぐ効果のある加齢臭石鹸なども市販されているので、石鹸の成分にも注目してみてください。また、皮脂の分泌が増える夕方に、メイク直しとおなじような感覚で臭いケアをするなど普段の習慣に臭いケアをとりいれてみるのもよいでしょう。

このように、加齢臭を撃退するには「ストレスの軽減」と「女性ホルモンの増加」が大きなカギ。いつもの生活を少し意識し、加齢臭に悩むことのない素敵な毎日を目指しましょう。