子どもの足の臭いが気になったことはありませんか? 足の臭いによるトラブルは大人だけのものではありません。幼児の場合、本人が気にしていなくても親は気になるもの。子どもの足クサ対策、一体どうしたらいいのでしょう。

子どもの足はなぜ臭う?

足の臭いの原因は、基本的に子どもも大人も変わりません。
足の常在菌が、汗や皮脂、角質、汚れなどを分解することで悪臭が発生します。子どもは新陳代謝が活発なので、常在菌のえさが豊富にありますし、手足が真っ黒になるまで夢中になって活発に活動すれば汗もたくさんかきます。靴のなかは自然と蒸れて、菌はますます繁殖しやすくなってしまうのです。
足の臭いの原因についてはこちらの記事『足の臭いを撃退!おうちで簡単にできる消臭対策』で詳しく説明しているので参考にしてください。

どうする?子どものフットケア

足の消臭グッズにもいろいろありますが、子どものフットケアにいきなり大人用のケア用品を使うことはおすすめできません。もちろん、肌に優しい商品もありますが、デリケートな子どもの肌に大人用の製品を塗ったりスプレーをしたりすると、炎症を起こしたりアレルギー反応を起こしたりする可能性があるので、一度少量で試してから使うことをオススメします。
なによりも清潔第一、ミョウバンパワーを活用しよう!
子どもの足クサ対策としてフットケアを考えるなら、「臭いを消す」ことよりも「足を清潔にする」ことを意識するのが一番のポイント。
帰ったら「手洗い」「うがい」といいますが、足も洗いましょう。足の表面についた汗や汚れを全体的に落としたら、指の間や爪の周りの細かな部分まで丁寧に洗います。
せっけんは殺菌・消臭効果の高いものを使うと、より効果的です。こちらの薬用ミョウバンせっけんEXは、殺菌力のあるミョウバンとペパーミントの成分が配合されたせっけんです。においが強い場合は、ミョウバンの殺菌・制汗・消臭効果を活かしたケア用品を使ってみましょう。足を洗ったあとにこちらのミョウバンスプレーEXを少量使用するのもいいでしょう。
重曹を活用して靴下や靴も清潔に!
足を清潔にしても靴下や靴に菌が住みついてしまっていては、せっかくのフットケアの効果も半減です。
子どもは、お気に入りの靴を毎日履きたがるかもしれませんが、できれば数足の靴を履き回すようにして同じ靴を続けて履くのは避けましょう。1日履いた靴を休ませ、乾燥させるだけでも菌の繁殖を防ぎ一定の効果が得られます。
また、靴下や靴のケアに取り入れたいのが重曹の力です。
靴下は洗濯機に入れる前に重曹を溶かした水でもみ洗い。溶かす重曹の量は洗面器一杯の水に大さじ1、2杯を目安にしましょう。靴もこの重曹水に1時間ほどつけおきして洗ったり、重曹を直接ふりかけて洗ったりすると頑固な臭いをスッキリ落とせます。
重曹は足湯に使っても消臭効果が得られるので、重曹を溶かしたお湯で足湯をするのもいいでしょう。

臭いは病気のサインであることも

多くの場合、子どもの足クサは、足と靴、靴下の清潔を保つことで改善・解決しますが、病気のサインであることもあります。非常にまれなケースなので必要以上に心配することはありませんが、臭いがサインとして表れる病気をいくつかご紹介しましょう。
水虫
水虫の原因となるカビの一種白癬菌(はくせんきん)も、高温・多湿な環境で繁殖します。爪に白いにごりが見られたり、指と指の間の皮がはがれていたりするようであれば疑いましょう。
多汗症
体温調節の必要がないときにも汗をかいてしまう病気で、特定の部位にだけ症状が出る場合もあります。足の裏にだけ過剰な汗をかいてしまう場合、足蹠多汗症(そくせきたかんしょう)といい、幼少期に発症することもあります。
糖尿病
内科の病気の影響が口臭や体臭に表れることがあり、糖尿病もそのひとつ。汗からアンモニア臭がすることもあるようです。急に体重が落ちた、水をよく飲むようになった、トイレの回数が増えたといった様子があわせて見られるようであれば受診を検討しましょう。
「うちの子だけ?」と気にしている人は意外に多い子どもの足クサ。足の臭いが気になったら、清潔を保つようにして様子を見ましょう。ミョウバンや重曹の力を上手く活用したフットケアがオススメです!