夏の暑さで汗が止まらない。だけど、洗い替えに限りのある制服やスーツのように、そうそう洗えない服もありますよね? 旅行先や出張先でも使える、毎日洗えない衣類の臭い対策をご紹介します。

衣類の臭いの原因は?

衣類の臭いの原因は、汚れの酸化臭や細菌による分解臭、そしてニオイの吸着です。
酸化臭と分解臭
夏場に気になる汗の臭いの原因はこれによるものです。布地に染み込んだ汗や付着した皮脂が変質したり、細菌によって分解されたりすることで嫌な臭いを発するようになります。夏場の高温多湿な環境で細菌は繁殖しやすくなります。細菌は皮脂のほかにも、服についた汚れや洗剤の残りカスなど、さまざまなものをエサにして分解。生乾きの臭いの原因にもなっています。
ニオイの吸着
屋外ではタバコや排気ガスの臭い、飲食店では煙や湯気とともに食べ物のニオイが衣類に吸着されます。その場にいるときは周囲の臭いが強く、その臭いに鼻が慣れてしまうため気にならないかもしれません。しかし、さまざまな場所で衣類に吸着されて混ざり合った臭いをそのままにしていると、着ている自分はもちろん、周囲の人をも不快にする臭いのもとになってしまいます。

洗えない衣類の臭いケア

服を洗濯して臭いをリセットできたらいいのですが、家庭での洗濯に適さない服や出張、旅行中で洗い替えがないときにも衣類の臭いはケアしたいものです。
酸化臭や分解臭への対策法のひとつといえるのが、ブラッシング。服専用のブラシで生地を傷めないように優しく、チリやホコリを落とすと、細菌の繁殖を抑制し、分解臭の発生を抑える効果があります。旅行中や出張先で洋服ブラシがないときには、ドライヤーの冷風をあててホコリを吹き飛ばしましょう。
ただ、ブラッシングには、服が吸着した臭いをケアする効果は期待できません。吸着した臭いに対しては、水蒸気の活用が効果的です。ニオイ成分は水に溶けやすい性質があるので、この性質を利用して臭いの成分を水分に溶け込ませて飛ばしてしまいましょう。具体的には、アイロンのスチームをあてる、または、霧吹きで服に水分を与えたのちに、ドライヤーの温風をあてるといった方法があります。
また、脱いだ服はすぐにクローゼットにしまわず、風通しのいい場所で休ませるのも重要なポイントです。

衣類の臭いは「予防」も重要

汗をかきやすい夏場に、たっぷりと汗を吸い込んでしまった洋服。細菌の繁殖を抑えるブラッシングで生地の表面のホコリはケアできても、生地の繊維が吸い込んだ汗まではケアできません。また、ニオイ成分は水に溶けやすいとはいえ、水蒸気を利用して飛ばせる臭いにも限界があります。夏の衣類の臭い対策には「予防」を意識することが重要です。
夏に気になるのはなんといっても「汗」。洗えない服に汗を染み込ませないように、インナーを上手く活用しましょう。特に汗をかきやすい脇は、しっかりカバーすることを考えるなら袖のあるものを選び、必要に応じて脇汗を吸収するパッドも併用するといいでしょう。
また、汗や皮脂で汚れやすいのが襟元。かいた汗は流れ落ちる前にこまめに拭き取る習慣をつけましょう。首元や脇など、汗ジミができやすい部分はしっかり絞ったぬれタオルを使ってケアします。こすらず、たたくようにしてぬれタオルに汗を吸い取らせます。
さらに、汗の臭いが気になる方は、食生活を意識することで、臭いにくい良質な汗に改善しましょう。脂分やタンパク質のとり過ぎ、アルコールやにんにくのようなニオイの強い食品の摂取は体臭として現れますし、ストレスをため込むこともよくありません。日ごろ、あまり汗をかかない生活をしている人は、汗腺の機能が低下している可能性もあります。汗腺の働きをよくするには、運動や半身浴が効果的です。
臭いが気になる衣類は洗えるものならさっぱり洗ってしまいたい。だけどそうもいかない、というときには今回ご紹介した方法を試してみてくださいね!