家族の一員として一緒に生活しているとあまり気にならないものですが、来客があると気になるペットの臭い。きれい好きで体臭がほとんどないという猫の臭いについて3つのニオイ対策ポイントをご紹介します。

1.トイレをチェック

猫は、排せつ物に砂をかけて隠す習性があります。これは、自分で臭いを消して、自分より強い猫や天敵となるほかの動物に自分の居場所を知られないためです。トイレが排せつ物でいっぱいになってしまうと排せつ物を隠せないばかりか、トイレとは別の場所にそそうしてしまう可能性もあるのでこまめに取り除きましょう。
また、猫が排せつ物を隠しやすいよう、トイレの砂やチップは十分な量を用意しましょう。排せつのたびに取り除けなくても1日1回は掃除するようにし、それでも臭いが気になる場合は、ドーム型のトイレを使う、トイレの近くに空気清浄機を置く、消臭スプレーを使用するというのも効果があります。
また、猫の「尿」の臭い対策については「猫の尿の臭いを消して、快適ペットライフ!」もぜひ参考にしてください。

2.エサの器をチェック

臭いの対策として見落としがちなエサの器。猫はエサを一度に食べず器に少し残して食べがちでこれが臭いの元に。一度口をつけたエサには口内の雑菌がついているので、衛生的にもよくありません。食べきれるだけの量を与えるよう、日ごろから様子を見るようにしましょう。
また、エサの器も毎回食器用の洗剤で洗って雑菌の繁殖を防ぎ、水の器も1日1回は水をかえるようにするのもポイントです。洗剤で洗った器はしっかりすすぐようにしましょう。

3. 猫のシャンプーはどうする?

猫の臭いが気になるときに悩むのが、猫のシャンプーです。猫はもともときれい好きで、体をなめて清潔を保つ「グルーミング」を1日に何度も行います。そのため、毛が短いねこの場合は無理にシャンプーする必要はありません。
ただし、太った猫や年老いた猫は、グルーミングをしなくなることがあります。また、毛が長い猫の場合は、グルーミングでは汚れをとりきれないことも。猫は水を嫌がる場合が多いので、汚れが目立ったらシャンプーするようにしましょう。シャンプーをしすぎると、毛が傷んだり皮膚トラブルの原因となったりすることもあるので、多くても2か月に1回が目安。効果的なシャンプーの方法と手順をご紹介します。

1.ブラッシングして毛玉をとっておく
水にぬれると毛玉はとりづらくなります。

2.耳を掃除してコットンを耳にいれる
水分を含んでふやけた耳あかは奥に入り込みやすく、中耳炎の原因になります。ローションをしみこませたティッシュで表面を拭いてあげ ましょう。
また、コットンで耳に水が入らないようにすることで外耳炎を予防します。

3.37℃くらいのお湯で体をぬらす
シャワーを利用する場合は、シャワーヘッドを猫の体に密着させ、シャワーを嫌がる場合は手でお湯をかけてあげます。
顔の方にノミが集まらないように顔の近くからぬらします。顔はタオルで拭く程度にしましょう首から背中、お尻の順番でぬらしていくようにしましょう。

4.猫用のシャンプーで洗う
人間用のシャンプー剤では毛が傷んだり皮膚トラブルの原因になります。シャンプーは先にお湯で泡立ててからつけ、お尻から顔の付近に向かって洗います。足と足の裏、お尻は汚れやすいのでていねいに洗いましょう。

5.顔に水や泡がつかないように細心の注意を払ってすすぐ
ねこは体をなめる習性があるので流し忘れがないように念入りに流しましょう。

6.タオルで十分に水気を拭きとり、ドライヤーで乾かす。
ドライヤーは近づけすぎないよう注意し、目を手で覆ってあげましょう。
どうしてもシャンプーを嫌がる場合は、水を使用しないドライシャンプーを利用するという方法もあります。

顔の方にノミが集まらないように顔の近くからぬらします。顔はタオルで拭く程度にしましょう。
猫が「臭う」のは病気のサインであることも。歯石が歯にたまっていたり、内臓が弱っていたりすると口や息、肛門が臭うようになります。口臭や体臭が気になる場合は、病院に連れていきましょう。